エレベーターの押し間違いキャンセル解除方法を各メーカーは揃えるべきだと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

エレベーターの階数ボタンを押し間違えた場合、機種によってはキャンセルできることは周知の事実ですが、その方法自体はメーカーによって異なるためいざ間違えたときにはなかなか難しいものです。

押し間違いキャンセル方法

エレベーターの階数ボタンを押し間違えた際にキャンセルするやり方はメーカーによって異なります。

三菱 『階数ボタン』を2連打 or 押し続ける
フジテック 『階数ボタン』を連打(5回ほど)
OTIS 『階数ボタン』を2連打 or 扉が開いた状態で「開ボタン」+「階数ボタン」を2連打
松下 『階数ボタン』を2連打
東芝 『階数ボタン』を2連打 or 押し続ける
日立 『階数ボタン』を押し続ける

2連打すればキャンセルできる可能性は高い

大手メーカーでは押し間違いキャンセルの方法を用意しているようですが、揃っているように見えて『2連打』と『押し続ける』で分かれてしまっています。確率から言えば『2連打』すればキャンセルできそうですが、日立製のエレベーターだとキャンセルできないので注意が必要です。

まとめ

間違えたらとりあえず2連打してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事