「今ならiPhone 6sが無料でお持ち帰りできます」の罠

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

某家電量販店でよく見かけるこのフレーズ。iPhoneが無料で手に入るわけではありませんよ。

「無料で交換できます」も同値

某家電量販店の携帯電話・スマートフォンの売り場に行くと「今ならiPhone 6sが無料でお持ち帰りできます」や「今ならiPhone 6sが無料で交換できます」などと告知されています。これらは嘘ではありませんが事実でもないです。

真っ赤な嘘じゃ無いから騙される

「今ならiPhone 6sが無料でお持ち帰りできます」や「今ならiPhone 6sが無料で交換できます」は確かに嘘ではありません。しかしそれは、その場では料金を支払わないだけであり実際には月々の分割支払いになっているだけです。

こう言った告知の場合は、分割支払いになるため審査があるので会社名などを記入する必要があります。個人契約で一括購入する場合には携帯電話・スマートフォンの契約に会社名は必要ありません。私は契約の際に会社名を記入したことは今まで一度もありません。
したがって、会社名の入力が促された場合は分割支払いになっていると思ったほうが良いでしょう。

本当に無料なのは「一括0円」

携帯電話・スマートフォンを本当に0円で購入できるのは実質0円ではなく一括0円です。実質0円は携帯電話・スマートフォンの本体代金を月々分割で支払います。それに対して、一括0円は本体代金が0円なので月々の分割支払いはありません。
今では一括0円は少なくなってしまいましたが、0円で端末を購入したいのであれば一括0円を探しましょう。

以前、一括0円と謳っておきながら実際には月々の分割支払いで契約していた店舗がありましたので、分割払いになっていないかをきちんと確認しましょう。
一括0円は場合によっては各キャリアが提供している月々の割引(月々割など)が適用されないケースもあります。そのため、購入する際には割引がどこまで適用されるか確認するようにしてください。

まとめ

最近は月々の明細書を送付せずにインターネット経由でしか見ることができないキャリアがほとんどです。そのため、「面倒くさい」、「見方がわからない」などと言ってみていない人も多いでしょう。そのために、月々の分割払いになっていることに気がつかずこんなやり方が通用するのでしょう。

各キャリアは端末にアプリをプリインストールできるのだから、くだらないアプリをプリインストールするのではなく、明細を見ることのできるアプリをプリインストールしてくれれば良いのにと思ってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事