白ロムを格安で販売しているのは秋葉原では無い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小休止

MVNOが普及してきて端末の確保に困っている人を良く見かけるようになりました。MVNOを使っている私は「秋葉原で安い店無い?」とよく聞かれますが、安く買いたいなら秋葉原は向かず、オススメは別のトコロにあります。

白ロムとは?

本来は電話番号の書き込まれていないケータイのことを指しました。っと言ってもピンと来ない方も多いかと思います。
今でこそSIMカードを交換するだけで端末を変えることができますが、その昔まだ2Gの時代はSIMカードなどと言うものはなく、端末に直接電話番号を書き込んで使っていました。直接書き込むので当然、個人ではできずにドコモショップに行って手数料2000円を支払い書き換えてもらっていたんです。そこから、ロムに電話番号が書き込まれていない=白ロムと名付けられました。

ちなみに、電話番号の書き込まれて通信できる状態を黒ロム、解約済みのものを灰ロムと呼びます。
最近では赤ロムと言う言葉を聴いたことがあるかと思いますが、これは端末代金未払いなどでドコモなどから利用制限された端末のことを言います。こういった歴史から○ロムと呼ばれるようになりました。

秋葉原は良くも悪くも玄人向け

私も以前は価格を見に秋葉原に良く出向いていました。ただ、秋葉原の店舗は皆さん相場をわかっている人たちなので、そうそう安い白ロムには出会いません。
また逆に素人相手に高く売りつけようと相場より高値を付けているお店もチラホラとある(すべての店舗ではありません)ので、初めて白ロムを買うと言う人にはオススメしていません。
ただし、商品が集まりやすい場所であることは確かで、レアものや古く人気のある商品が欲しい場合には良いと思います。

白ロムを購入するのオススメの店舗・ショップ

BOOKOFF(ブックオフ)

古本で有名なBOOKOFF(ブックオフ)ですが、店舗によっては白ロムスマートフォンの販売も行っています。このBOOKOFF(ブックオフ)は値付けが甘く掘り出し物が意外とあり、ものによっては他ショップの買い取り価格より安い場合があります。
お近くにBOOKOFF(ブックオフ)がある場合には定期的に覗いていると掘り出し物に出会えるかもしれません。

個人経営・地域限定の中古ショップ

町の片隅にある全国チェーン展開されていないような店舗・ショップや個人経営の中古ショップも狙い目です。
特に家庭用ゲーム機の中古ソフトを扱っていたような店舗・ショップは家庭用ゲーム機離れの昨今、白ロムスマートフォンに手を出していることが多いですが、スマートフォンは種類が多くすべての相場を調べることは個人では難しいので必然的に相場より離れた価格になることが多いので掘り出し物に出会えます。

インターネット通信販売

近くに店舗・ショップが無いという場合は、やはりインターネット通販を利用するのが一番かと思います。MVNOが普及してきて白ロムの需要が上がってきているので取り扱う店舗も増えてきました。もちろん、大手のAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでも取り扱いがあります。例として私が注目している端末を紹介します。

Xperia Z3 Compact SO-02G

SO-02F Xperia Z1 f

白ロムを購入する際の注意点

白ロムは中古であることがほとんどであり注意点があります。詳しくは以下を参照してください。

参考 スマホの白ロムを中古で入手する際の注意点

まとめ

販売と買取は相反します。高い値段で販売している店舗・ショップは高い値段で買い取ってくれることが多いです。そのため、自分が購入する店舗と自分が買取を依頼する店舗は別にしておくとコストパフォーマンスが良くなります。買取価格は大手であればインターネットで見ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事