ノキア復活?携帯市場に再参入するニュースに期待!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガラケー

日本でも以前に携帯電話端末が販売されていた『ノキア』。一時、業界から撤退しましたが、再参入が予定されているとのことで期待です。

『ノキア』とは?

Nokia(ノキア)とは、フィンランドの大手通信機器メーカーです。

2014年に携帯端末事業をMicrosoft(マイクロソフト)に売却しましたが2016年05月18日に一部事業を『HMD』と『鴻海』子会社に譲渡すると発表されました。ノキアはかつて、日本でも携帯端末が販売され世界的にも人気が高いため、再参入に期待を持ちたいところです。

鴻海(ホンハイ)は、日本のシャープを買収した台湾の企業です。

過去に日本でも発売されていた

聞き慣れない人も多いかと思う『Nokia(ノキア)』ですが、過去に日本でもドコモのiモードFOMA端末として携帯電話(いわゆるガラケー)の販売を行っていました。

NOKIA docomo NM706i
Nokia

FOMAはドコモの『3G』の事なので、2016年5月現在でも使用可能です。また、iモード対応なのでキャリアメール(iモードメール)も使用できます。

販売当時の日本では、PanasonicやNECなどの携帯電話が主流であり、Nokia(ノキア)の製品は馴染まなかったのかほとんど売れておらず、数千円の低価格もしくはタダ同然で販売されていたことが記憶にあります。現在では、日本でも愛好者が多く白ロムが高値で取引されています。スマートフォンが主流な現在でも、通話用に小型の携帯電話を求める人が多いので、需要は多いでしょう。

斯く言う私も販売当時に新品を購入しましたが、端末の購入が条件だったバリュープランへの契約変更を目的に購入したため、すぐに売却してしてしまったことが今となっては悔やまれます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事