ソフトバンクケータイのデータをパソコンで閲覧・編集するソフトが2016年の春で終了予定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

ドコモケータイdatalink(データリンク)と同様にソフトバンクケータイのデータをパソコンで閲覧・編集する『ソフトバンクユーティリティソフト』が2016年3月31日(木)に提供終了となるようです。

ソフトバンクユーティリティソフトとは?

ソフトバンクオプション品の「USBケーブルⅡ」でパソコンと携帯電話(ガラケー)を接続することで、携帯電話のアドレス帳などをパソコンから閲覧・編集することができるソフトです。閲覧編集できるデータはアドレス帳だけでなくカレンダー(スケジュール)やメール等も対象になっています。

ソフトバンクユーティリティソフトが終了予定

ソフトバンクによれば 2016年3月31日(木) をもってソフトバンクユーティリティソフトの提供を終了するとのことなのでソフトバンクケータイ(ガラケー)を使用している人は最新版をダウンロードしておくと良いでしょう。

ケータイのデータをパソコンで閲覧・編集する / ソフトバンクユーティリティソフト
http://www.softbank.jp/mobile/support/3g/sus/

まとめ

スマートフォンの登場によりデータリンク系ソフトウェアが続々と提供終了となっています。スマートフォン用のデータリンクソフトは確固たるものが無いので携帯電話からスマートフォンへは進化したように見えて実は退化している部分も多くあるように思えます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事