[SoftBank] SHARP製の一部ガラケー、2016年1月1日以降に不具合が発生

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

SoftBankがSHARP製の一部携帯電話(いわゆるガラケー)で、2016年1月1日(金)以降に日時が正しく表示できない不具合が発生することを発表しています。使用しているユーザーは注意しましょう。

対象の端末

対象の端末は以下のとおりです。また、対象機種を使用しているユーザーはSoftBankからSMSが送られてくるそうです。

不具合の詳細

2016年1月1日(金)以降日時表示が正しく表示できなくなります。具体的には発着信履歴およびメール送受信時間等の時刻表示が正しく表示できるくなるとのこと。

対応策

SoftBankで機種変更

対応策は特に案内されておらず、機種変更をするしかないようです。SoftBankの2015-2016冬春モデル発表会の直後に発表とは作為的なものを感じます。機種変更に訪れた人は間違いなくiPhoneなどのスマートフォンへの機種変更を進められるでしょうしガラケーを使い続けようと思っている人には苦難が待っているかもしれません。

白ロムを購入してSIMカードを差し替える

ガラケーであればSIMカードを差し替えるだけで違う端末を使うことができると思うので別機種の白ロムを購入して現在持っている機種からSIMカードを差し替えてしまえば使えると思います。白ロムの購入については以下を参照してください。

これを期にスマートフォンへ機種変更するなら

docomo、au、SoftBankそれぞれが②015-2016冬春モデルの発表を終えていますので、タイミングとしては良いかもしれません。

まとめ

SHARP製のガラケーと言えば人気機種も多くて現在も使用しているユーザーが多そうです。また、SHARP製のガラケーはdocomoやauからも販売されていたと思うのでSoftBankから販売されている機種のみ対象と言うのも何かおかしな感じがします。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事