スマホのタッチパネルが故障したのでNTTドコモに修理を依頼してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

長年に愛用してきたXperia Z3 Compact SO-02Gのタッチパネルが故障して、ほとんど使えなくなってしまったので修理に出してきました。修理を依頼するにあたって不安な点があったので記録として残しておこうと思います。

故障の症状

Xperia Z3 Compact SO-02Gのタッチパネル不具合は、インターネット上でも数多く報告されている事象です(いわゆるタッチ切れ)。特に画面上部の「ステータスバーが反応しない!」や画面下部の「ナビゲーションバーが反応しない!」と言った人が多いようです。

多分に漏れず、私が使用していたSO-02Gでも同様の現象が発生し、最初は “ステータスバーの右上” が反応しなくなり、次に “ナビゲーションバーの戻る” が反応しなくなり、加えて “タッチパネル中央” が反応しにくくなりました。しばらくは、だましだまし使用していましたが、反応しない箇所は徐々に広がっていき「ボタンがタップできない」と言ったクリティカルな症状が出始めたので修理依頼となりました。2015年の3月に新品未使用の白ロムをインターネット通信販売で購入したので、約1年半の使用で故障してしまったことは残念でなりません。

現在、この不具合はソニーモバイル側も認識しているようで、同現象に関しては保証の有無に関わらず無償修理の扱いになっています。

参考 他人事では無い!頻発する『タッチ切れ』が発生しているか確認する方法
参考 スマホのナビゲーションバーが反応しなくなった場合の対処方法

ドコモショップへ

ドコモショップでの所要時間は、待ち時間を除けば20分から30分ぐらいと言ったところでしょう。平日の日中(15時ぐらい)に行きましたが、意外と混雑しており30分程度の待ち時間が発生したので合計では1時間ぐらいと言うことになります。

受付

ドコモスマートフォン・ドコモケータイに何かしらの故障が発生した場合には、全てドコモショップにて修理受付をしてくれます。今回、依頼したスマートフォンはインターネット上から白ロムで購入したXperia Z3 Compact SO-02Gなので、ドコモ側には私が「購入した」と言う購入履歴はありませんが問題なく受付をしてくれました。

MVNO(格安SIM)で使用しておりドコモとの契約が無いと言う場合でも修理受付はしてくれるようですが、ドコモ契約があった方が話はスムーズでしょう。

保証書は持って行かなかったですがIMEIから情報が引き出せるようで不要でした。
参考 スマホの “IMEI” を確認する方法

状況の確認

ドコモショップにて故障の症状を伝えると、担当者(店員)が端末本体の確認を行います。確認内容は『故障内容の再現』『水濡れチェック』『その他の破損』『改造の有無』でした。

確認が完了すると修理代金の見積もりが行われますが、今回の事象はソニーモバイル側から通達があるようで、スマートフォン本体のIMEIを入力した時点で「他に故障個所が無ければ無償修理となる」と言われ結果として0円となりました。

ドコモ→故障受付票

ただし、これは見積もりであって確定金額では無いので、他に故障個所があると有料になることもあるようです。その場合には「修理せずに返却」となる事が多いようですが、不安な場合にはよく確認しておきましょう。

代替機の利用

依頼したSO-02Gの故障は多くの端末で発生しているようなので、修理完了までに2週間程度が必要と言われました。今回は預かり修理となるので、その間は代替機の利用をすることができます。ただ、ショップによっては代替機の在庫が無い場合があるので、利用を予定している人は代替機の在庫を事前に確認すると良いでしょう。

ちなみに、代替機を利用しない場合、修理品を宅配便で送ってもらうことが可能になりますが、代替機を利用せず宅配も利用せずにドコモショップで修理品を受け取る場合には300dポイントを貰うことができるので、可能なかぎり代替機を利用しない方がオトクでしょう。

修理品の受け取り

連絡はメッセージR

修理の完了はメッセージRにて通知されますが、メッセージR受け取れない場合には事前に伝えておきましょう(その場合は電話連絡)。「メッセージRが届かなかった」「電話に出られなかった」と言った場合でも通知完了と見なされるので、「修理完了予定を過ぎても連絡が無い!」と言う場合には問い合わせをオススメします。ちなみに、通知完了してから30日以内に受け取りをしなかった場合には別途費用を請求されるようなので、修理完了後は速やかに受け取りしたほうが良いでしょう(1週間以内が推奨)。

ドコモショップにて

修理品の宅配を希望しなかった場合には、修理品をドコモショップにて受け取ることになります。配送される場合には専用の箱にパッケージされて送られてきますが、ドコモショップでの受け取り時には、修理品を “そのまま” 手渡されます(液晶面と背面に保護シートあり)。

今回の修理は “タッチパネル不具合” だったので液晶パネルの交換となりました。バッテリーの膨張が原因と言われることが多いですが、バッテリー交換はしていないようなので、主な原因はタッチパネルのみにあるようです。

受取時に動作確認をすることが可能ですが、SIMカードを持って行かないと通話テストをしてもらえないので注意してください。私はMVNO(格安SIM)のデータ専用で使用していたので「SIMカードは無し」として通話テストはせず、タッチパネルの動作確認のみで受け取りました。

本体に多少の傷がありましたが、修理によって新品同様になりました。「無事に修理が完了したら売却しよう」と考えていたので、査定が減額されずに済みそうです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事