ケータイキャリアの『違約金なしプラン』はやっぱり罠だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

au、SoftBankが『違約金なしプラン』を続々と発表していますが、これらのプランは事実上の値上げになっていることはもちろん、これまでに無い最高の改悪となっているようです。

これまでのケータイ料金は?

『2年縛り』とは?

2年間契約することを条件に、月々に発生する携帯電話(ガラケー)やスマートフォンの基本使用料金を割り引くサービスです。この割引サービスには落とし穴があり、通常の感覚であれば2年経過すれば、いつでも解約やMNPをしても良いと思いがちですが、ドコモやau、SoftBankなどの携帯電話業界では、2年契約が自動更新されるため、あらかじめ定められた更新期間以外では違約金が発生してしまいます。

『更新期間』とは?

2年契約を約束する代わりに料金が安くなるプランを契約している場合、解約やMNPをすると約束を破ることになるため『違約金』が発生します。前述したように2年契約は自動更新されるため、違約金の発生しない期間が定められており、これを『更新期間』と呼びます。

この更新期間は、多くの場合で契約満了月の翌月の1か月間とされていましたが、ドコモやSoftBankでは2か月に延長されました。

『違約金なしプラン』とは?

auやSoftBankが発表した2年が過ぎたあと解約しても違約金が発生しない料金プランです。

しかし、この違約金なしプランは月々の基本料金が+300円程度値上げになっているので、2年間で300×24ヵ月=7,200円、3年間で10,800円を余計に支払うことになります。

これは、更新期間内であれば支払う必要の無い違約金を前払いし、2年未満で解約すれば違約金が別途発生長期で使えば使うほど損をすると言う3重苦なプランになっています。

2年縛りの無いプランはある

勘違いしている人が多いですが、2年縛りは「料金を割引するから2年間の契約は約束してね」と言う割引サービスを適用しているから発生しているものです。そのため、もともと2年縛りの無いプランは存在しています。ただし、割引サービスを前提としているため非常に高い価格設定となっているため、割引サービスを利用しない人はほとんどいないでしょう。

まとめ

「機種変更をしない人が損をしないように」と長期にわたって議論されてきた結果が『機種変更をしない人が損をするプラン』の登場です。ケータイキャリアは長期利用者からどこまで搾り取れば気が済むのでしょうか。低価格プランもあわせて慎重に検討することをオススメします。

参考 各キャリアの低価格プランの罠に要注意!

しかし、ドコモやau、SoftBankなどのケータイキャリアの改悪が進めば進むほど、MVNO(格安SIM)市場が活性化するのMVNO利用者にはメリットかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事