au発表会 2017 Summer 第2弾!新料金プランは魅力的なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
発表会

2017年07月10日に、auより “au発表会 2017 Summer 第2弾” が開催され、主に新料金プランの発表となりました。

発表内容

auピタットプラン

2017年7月14日より提供される新料金プランです。データ通信量に合わせて最低2,980円から5段階に料金が上がり最大6,480円となる定額プランです。これまでも “2段階定額プラン” がありましたが、それが5段階になったプランと考えると良いでしょう。

「月々1,980円から使える」と謳われていますが、月々1,980円で使用できるのは2017年12月31日までの “ビッグニュースキャンペーン” が適用され1,000円引きになった場合のみで、しかも割引は永年ではなく12ヶ月間の期間限定となっています。また、月々1,980円で使用するためには月に1GBまでしか使用することができませんが、前述したように使用したデータ通信量によって5段階で料金が変わるため、「気が付いたら5,480円(6,480円)だった」と言ったこともありえてしまうので注意が必要です。

端末購入時の割引である “毎月割” は適用されません。また、適用中にプラン変更すると毎月割は終了となります。

auフラットプラン

2017年7月14日より提供される新料金プランです。大容量のデータ通信を行う人向けのプランで、月々6,500円の “auフラットプラン20” と月々8,500円の “auフラットプラン30” が用意されています。

前述した “ビッグニュースキャンペーン” が適用されると1,000円引きとなりますが、同様に割引は永年ではなく12ヶ月間の期間限定となっています。

端末購入時の割引である “毎月割” は適用されません。また、適用中にプラン変更すると毎月割は終了となります。

アップグレードプログラムEX

上記2つの新料金プランと組み合わせることによって、購入した対象端末の分割支払金の最大半額が支払い不要となります。ただし、条件が少々複雑で「48回の割賦契約が必須」「旧機種は回収」「旧機種を紛失した場合には特典を受けられない」「旧機種が故障している場合には20,000円の支払いが必要(故障紛失サポートの場合は2,000円)」となります。また、月々に390円x24回(9,360円程度)の支払いが必要であるため、実質は「最大半額」とは言えません。加えて、対象の機種が限定されているのも注意が必要です。

アップグレードプログラムEXによる “故障” とは「電源が入らない」「充電できない」「破損」「水濡れは」当然に、端末によって確認項目が異なるようなので、契約時に「どういうときに “故障” と見なされるのか」をよく確認しておくと良いでしょう。

まとめ

先日にNTTドコモが発表した “docomo with” のように「端末購入時にサポートを受ける」か「月々を安く抑えるか」と言ったところが選択の分かれ道でなのでしょうか。ただ、「よくわからないけど安くなりそうだから契約しよう(実際は高くなったり特典を受けられない)」と言う人を狙っているとしか思えないのが残念です。特にアップグレードプログラムEXに関しては、端末の故障具合によって特典が「受けられるか受けられないか」が変わってしまうのに、その “故障” とみなされる条件があいまいであるため、「390円x24回を支払って結局のところ特典を受けられなかった」と言う場合が多くありそうです。

参考 NTTドコモの “docomo with” が意外にも良さそうだった

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事