Xperia XZ Premiumの新色 “Rosso” を購入!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia XZ Premium Rosso

2017年の2月にMWC2017にて発表され、6月に日本国内でも発売されたXperia XZ Premiumに新色が登場しました。新しい色は赤をベースとしたカラーで “Rosso(ロッソ)” と呼ばれ個人的に気に入ったので購入しました。

新色 “Rosso” とは?

Xperia XZ Premium→ROSSO(ロッソ・赤)

日本国内ではNTTドコモより発売されているXperia XZ Premiumのカラーは “ルミナスクロム” と “ディープシーブラック” の2色で展開され海外では加えて “ブロンズピンク” が発売されていますが、2017年の10月にこれらのカラーに加わえRosso(ロッソ)が追加されました。

カラー名の「Rosso(ロッソ)」とはイタリア語で “赤色” という意味で、背面やベゼルが真っ赤に仕上げられています。しかし、ベースは赤色ですが電源ボタンやカメラ回りにイヤフォンジャックなどはディープシーブラックと同様に “黒” となっており、赤と黒の美しいコントラストが特徴となっています。ただ、ボリュームキーやカメラキーなどは赤くなっており、ボタン類が黒で統一されているわけではありません。

参考 Xperia Xシリーズ『Xperia XZ Premium』の発売が発表された!

5.5インチの操作性は?

昨今では5インチを超えるスマートフォンが多くなっていますが、Xperia X Compactのようなコンパクト機を好んで利用していたので5.5インチと言うディスプレイサイズには戦々恐々としていました。しかし、いざ持ってみると手にすっぽりと収まり片手でもなんとか操作が可能です。私自身の手は大きい方では無いですが、それでも女性や比較的に手の小さな人だと片手での操作は難しいかもしれません。

パフォーマンス

2017-2018冬春モデルが発表・発売されつつある2017年11月の段階で1つ前の機種となるXperia XZ Premiumですが、スペック自体は2017-2018冬春モデルと大きく変わることなくSoCは “Snapdragon 835” でメモリは “4GB” を搭載しています。ちなみにAntutu Benchmarkでのスコアは178583となりました。

Xperia XZ Premium→Antutu Benchmark

2017-2018冬春モデルとの差異としては、5.5インチのディスプレイサイズにPremiumシリーズの特徴となっている4K(2160×3840)ディスプレイを搭載しているので、この点を重視する人にはピッタリでしょう。ただし、アップデートによる最終的なAndroid OSバージョンが変わってくる可能性があるので、長く使いたい人は2017-2018冬春モデルの購入をオススメします。

参考 NTTドコモより2017-2018冬春 新サービス・新商品が発表された!

購入するには?

日本国内では、NTTドコモより2017年10月27日に発売されています。また、SIMフリー版も合わせて海外で発売されています。

Xperia XZ Premium ROSSO
Xperia XZ Premium ROSSO

所感

新色である “Rosso(ロッソ)” の噂は、割と早い段階で耳にしていました。しかし、待てど暮らせど発表・発売されることが無く10月に入ってようやく発表となりました。このため、Xperia XZ Premiumが型落ちとなってしまいましたが、それでも “Rosso(ロッソ)” のカラーには強い魅力がありました。また、今回は5.5インチと言うディスプレイサイズを持つ機種と言うことで、ケース&カバーとして公式のStyle Cover Stand(スタイルカバースタンド)を購入してみました。

参考 Xperia XZ PremiumのStyle Cover Standを購入!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事