Xperia XAを使うならY!mobileがベストなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

海外のみで販売されているXperia XAは、ドコモやauなどの主要電波に対応してないことから日本国内では使いにくいと思われがちですが、Y!mobileであれば対応電波が多くオススメです。

この記事は公式では無いイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

Xperia XAとは?

SONY Mobileより発売されている2016年の新モデルであるXperia Xシリーズの1つです。日本のキャリア(docomo、au、ソフトバンク)からはXperia X Performanceが発売されていますが、Xperia X、Xperia XAは海外でのみ販売されています。

Xperia Xに関してはドコモの主要電波(プラスエリア)に対応していますが、Xperia XAは対応していないので日本国内では利用可能エリアが狭くなってしまい使い勝手が悪いとされています。

しかし、Y!mobileであればXperia XAの対応バンドと合致するので、日本国内でも「通常よりエリアが狭くなる」と言ったことは無いでしょう。

参考 Xperia Xシリーズの海外版であるSIMフリーなグローバルモデルは買いだった

対応バンド

Xperia XAは全部で3つのモデルがあり、F3111とF3115に関してはY!mobile(SoftBank)の電波に対応しています。

Y!mobileはソフトバンクのサービスエリアも使用可能とのことです。詳細は公式サイト『Y!mobile』を確認してください。

第四世代 – LTE(4G)

特にプラチナバンドであるバンド8(900M)が使えるのはメリットが大きいでしょう。

band ドコモ au SB XA
(F3111)
XA
(F3113)
XA
(F3115)
1(2.1G)
3(1.8G)
8(900M)
11(1.5G)
18(800M)
19(800M)
21(1.5G)
26(800M)
28(700M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

第三世代 – W-CDMA(3G)

LTEと同様にプラチナバンドであるバンド8(900M)が使えるのはメリットが大きいでしょう。

band ドコモ SB XA
(F3111)
XA
(F3113)
XA
(F3115)
1(2.1G)
6(800M)
8(900M)
9(1.7G)
11(1.5G)
19(800M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

Y!mobileで使うには?

Y!mobileはドコモやau、ソフトバンクと同様に考えてしまいがちですが、SIMカード単体でも安く契約することができるので、他のMVNO(格安SIM)と同様な使い勝手で購入することができます。Y!mobileは比較的に安価な価格帯で利用可能なので「Xperia XAが使いたい!」と言う場合にはベストなキャリアとなるでしょう。

Pickup! ワイモバイルのスマートフォンなら2,980円!
Pickup! 乱立するXperia Xシリーズの機種をまとめてみた

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事