Xperia Z5 / Xperia Xシリーズのroot化は何故できないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

Xperia Z3シリーズを最後にXperia Z4シリーズ、Xperia Z5シリーズ、Xperia X Performanceとroot化するための術は確立されていませんが、これはroot化が不可能なのでは無くroot化をしてもカスタマイズができないんです。

root化とは?

そもそもroot化とはAndroidスマートフォンのシステム領域にあるファイルを 追加・削除・修正 するために必要な手段です。
例えばドコモスマートフォンのA-GPSをMVNO(格安SIM)で使用する為には /system/etc/gps.conf の編集が必要になります。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

しかし、システム領域にあるファイルを 追加・削除・修正 した際に、これを検知し何かしらの妨害をされたら root化してもカスタマイズできない ことになります。

システムの改変を検知する仕組み

Xperia Z3シリーズなどの現時点でroot化が可能なXperiaシリーズ(Xperia GXなども含む)でも システム領域を改変(書き換える)しようとすると強制的に再起動する と言う仕組み(これを ric と呼びます)が組み込まれています。

そのため、これまでの各種root化プログラム(rootkitなど)には ricを無効化する 処置がなされているのでroot化してシステム領域を改変してカスタマイズすることができていました。

しかし、Xperia Z3シリーズ以降のXperiaシリーズである Xperia Z4シリーズXperia Z5シリーズXperia X Performanceにはより強力な dm-verity が導入されています。

dm-verityとは?

これまでのricと同様に システム領域の改変を検知 するための仕組みではありますが、より強力なものになっています。

しかし、どんなに強力でもric無効化のように dm-verity無効化 ができるのではないかと期待したいところですが、ricがAndroid OS上で動作しているのに対して dm-verityはKernelに組み込まれている ため、ドコモやau、SoftBankなどの国内キャリアから販売されているXperiaでは手を出すことはできません。

kernelとはAndroidだけでなくWindowsやiOSにも存在している OSの中核となる部分 です。

Kernelを書き換えるのにはBootloader Unlockが必要

BootloaderとはAndroid OSが読み込まれる前に実行される領域です。このBootloaderは書き換えられることが無いよう通常はロック(Bootloader Lockedと呼びます)されていますがユーザーの手で解除することができ、このロックを解除することを Bootloader Unlock と呼びます。

このBootloader Unlockを実行すれば Kernelを書き換える ことができるので dm-verityを無効化したkernel へ書き換えてしまえばよいのですが、国内キャリアから販売されている国内版Xperiaシリーズでは、そもそも Bootloader Unlockが許可されていない のでkernel書き換えはおろかBootloader Unlock自体が不可能となっています。

SIMフリー版のXperiaシリーズは Bootloader Unlock が可能なのでroot化はもとよりカスタムROMを導入することもできます。

国内版Xperiaシリーズに限りカスタムは不可能?

これらの事より各キャリアから販売される国内版Xperia Z4シリーズ、Xperia Z5シリーズ、Xperia X Performanceはroot化ができたとしても カスタマイズは不可能 と言えます。当然、今後発売されるであろうXperia Xシリーズも同様でしょう。

ただ、root化のように無理やりBootloader Unlockできればroot化の希望はでてきます。海外ではBootloader Unlockが許可されているので「Bootloader Lockedを突破しよう」と言う人は少数派でしょうが、XperiaはBootloader Unlockをするとカメラ周りの機能が一部利用できなくなると言う欠点があるので、それを回避するためBootloader Lockedの状態でのroot化も必要とされているので、希望は捨てない方が良いかもしれません。

参考 Xperia Z5シリーズがついにroot化か!?

Xperiaに搭載されたカメラは、動作させるのに特殊なキー(DRMキー)が必要になります。Bootloader UnlockをするとDRMキーが削除されてしまうので、X-Realityやカメラのノイズリダクションが動作しなくなってしまいます。

今後はグローバル版Xperiaシリーズが主流になる?

とは言え、今後は各キャリアが販売するXperiaシリーズを購入するよりグローバル版(海外版)のXperiaシリーズを購入する方が良いでしょう。昨今ではキャリア版Xperiaシリーズとグローバル版Xperiaシリーズの価格差も縮まってきたのでメリットの大きいグローバル版Xperiaシリーズの購入を検討しても良いかもしれません。

参考 Xperiaは海外で販売されるSIMフリーなグローバルモデルを使おう

また、国内でも各メーカーから国内事情に合わせたSIMフリースマートフォンが発売されているので、そちらの購入を検討してみても良いでしょう。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!

まとめ

個人的にはA-GPSだけが何とかできればroot化は必要ないと思っているので非root化状態でA-GPSを有効にできる手段を探す方が早いのかもしれません。