【国内モデル】Xperia Xシリーズ『Xperia XZs』の発売が発表された!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

NTTドコモ、au、ソフトバンクよりXperia Xシリーズである『Xperia XZs(SO-03J、SOV35、602SO)』の発売が発表されました。

概要

名称から察するに、Xperia Xシリーズのフラグシップモデルとされた “Xperia XZ” のセカンドモデルでしょう。

基本スペック

メモリが4GBにアップしたものの、SoCは前作であるXperia XZと同じSnapdragon 820なのでマイナーチェンジモデルと言えるでしょう。また、カメラ画素数が抑えられていますが、Motion Eyeカメラシステムを搭載しています。

Xperia XZとの比較
XZs XZ
SoC Snapdragon 820
OS Android 7.1 Android 6.0
液晶 5.2インチ(ラウンドガラス)
解像度 フルHD(1080×1920)
内部ストレージ 32GB
メモリ 4GB 3GB
カメラ 背面:1920万画素
前面:1320万画素
背面:2300万画素
前面:1320万画素
バッテリー 2900mAh
本体カラー アイスブルー
ブラック
ウォームシルバー
シトラス
ミネラルブラック
プラチナ
フォレストブルー
ディープピンク
非接触IC NFC、Felica
USB USB Type-C(USB2.0)
充電 Quick Charge 3.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
その他 Nano SIM
防水・防塵
microSDXC
ワンセグ/フルセグ
指紋認証

ただし、スペックの違いは乏しいもののAndroidバージョンがAndroid 7.1 Nougatを搭載して発売されるので、今後のアップデートによって最終的なAndroidバージョンに違いがでます。そのため、長期で使う予定であるならばXperia XZよりもXperia XZsの方が良いでしょう。

外観

家電量販店でモックを確認したところ、薄さと丸みを帯びたチューブデザインが持ちやすさを促進させているからか、5.2インチでも思った以上に小さく感じました。

また、気になる人も多い各キャリアのロゴは、NTTドコモが背面の中央で以前は大きく主張が強かったですが、最近は控えめな印象になっています。そして、いつの頃からか “Xi(クロッシー)” のロゴは表記されなくなりました。auは背面の下部に位置しています。

Xperia XZs→背面→ロゴ→NTTドコモ、au

ソフトバンクに関しては表記されておらず海外版(グローバルモデル)に近い印象となっています。

発売日と価格

発売日はNTTドコモとauが5月26日、ソフトバンクが5月下旬以降となっており、事前予約はすでに開始されています。価格は8万円から9万円となっているようです。

参考 Xperia XZsにおける液晶保護フィルムとケース&カバーの選びかた
参考 【SIMフリー】 MWC2017で2017年の新モデル『Xperia XZs』が発表!
参考 スマホの購入時に必要な “頭金” とは?
参考 スマホは一括購入がオトク?分割購入は注意しないと痛い目にあう!