[GX] Xperia GX SO-04Dをroot化する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

Xperia GX SO-04Dはワンクリックツールが提供されていますのでroot化は比較的簡単に行えます。

2015年11月現在、最新のビルド番号(9.1.C.1.103)でroot化が可能です。Xperia GX SO-04Dは今後アップデートの可能性は少ないので古いFTF等を探す必要はなく、PC Companionで最新の状態にしてもroot化が可能です。

root化及びそれに関連する事はすべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

root化する方法

環境構築

環境構築がまだできていない人は以下を参照してください。

参考 Xperiaカスタム用のパソコン環境構築手順

前提条件

必要なファイル

手順

  1. Xperia GX SO-04DとパソコンをUSBケーブルで接続します。

  2. rootkitZ_20131112.zipを解凍し「install.bat」を実行します。

    rootkitZ_20131112実行画面

  3. 「■■■完了しました■■■」と表示されたら成功です。

    rootkitZ_20131112実行画面

  4. 以上で終了です。

カスタムリカバリの導入

必要に応じてカスタムリカバリを導入します。

必要なファイル

  • CWM6-cDM_v2.5_vfix2.zip

    作成者であるキューブさんのページ「キューブ実験室: 【CWM】Android 4.3 Xperia用のCWM6-cDM v2.5 vfix2」からダウンロードできます。

  • fix_charger_for_GX-SX.zip【任意】

    CWMを導入すると電源OFF充電ができなくなる場合があるようで修正パッチが提供されています。インストール中にも案内されますが「fix_charger_for_GX-SX」からダウンロードし任意でインストールします。

CWMのインストール手順

  1. Xperia GX SO-04DとパソコンをUSBケーブルで接続します。

  2. CWM6-cDM_v2.5_vfix2.zipを解凍しcwm-install.batを実行します。

  3. 説明が表示されますので内容をよく確認し任意のキー(エンターなど)を押下します。

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2のインストール

  4. 「※インストールを開始します。(~)」と表示されたら任意のキー(エンターなど)を押下します。

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2のインストール

  5. 「CWMのインストールに成功しました。」と表示されれば完了です。任意のキー(エンターなど)を押下すると最後に注意事項が表示されるので確認します。

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2のインストール

  6. 以上で終了です。

fix_charger_for_GX-SX.zipのインストール

CWMを導入後に電源OFF充電ができないようであれば「fix_charger_for_GX-SX.zip」をインストールします。あらかじめXperia GX SO-04Dにfix_charger_for_GX-SX.zipを格納しておきます。

  1. Xperia GX SO-04Dを起動します。

  2. SONYロゴが表示されている際にLEDが青く点灯したら、ボリュームダウンキーを連続で押下するとLEDが緑色に変化しCWMが起動します。

  3. “install zip” → “choose zip from sdcard”と遷移し「fix_charger_for_GX-SX.zip」を選択します。

  4. インストールするか問われるので問題がなければ「Yes – Install fix_charger_for_GX-SX.zip」を選択します。

  5. 以上で終了です。

まとめ

ワンクリックツールのおかげで非常に簡単にroot化することができました。

参考 Xperia GX SO-04Dが面白そうなので購入してみました

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事