[GX] SO-04Dに Resurrection-Remix を導入する【要root化】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

Xperia GX SO-04DはBootloader unLockができない機種なのでカスタムROMを導入するのは難しいですが、比較的簡単に導入できるファイルが提供されているので、それをつかって Resurrection-Remix をインストールしてみます。

Resurrection-Remix とは?

「Resurrection-Remix」はあまり情報が無いんですがCyanogenMod 12(CM12)よりも多機能であるということで評判なカスタムROMのようです。Androidバージョンは Android 5.1 Lollipop です。

CyanogenMod 12については「SO-04DにCyanogenMod 12.1を導入する」を参照してください。

SO-04DのAndroid4.3化

Resurrection-RemixをインストールするためにはXperia GX SO-04DをAndroid 4.3 Jelly Beanまでアップデートする必要がありますが、SO-04DはAndroid 4.1.2 Jelly Beanまでしかアップデートされなかったので、グローバル版であるXperia TX LT29i化することで対応します。

詳細は「SO-04DをLT29i化してAndroid 4.3 Jelly Beanにアップデートする」を参照してください。

Resurrection-Remix を導入する方法

前提条件

  • Android 4.3 Jelly Bean以上であること
  • root化されていること
  • カスタムリカバリ(CWMなど)がインストールされていること

必要なファイル

Resurrection-Remix

その他

  • CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery」からダウンロードできます。

  • XT-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.flashable.zip

    [NUT]’s XDA download page“から”XZDualRecovery”→”XZDualRecovery 2.8.21″とたどるとダウンロードできます。

    “2.8.21”はバージョンによって異なります。特に理由がなければ最新版を使用して問題ないでしょう。
  • GApps

    GAppsはPlayストアをはじめとしたGoogle系アプリのパッケージで、様々なパッケージが用意されてます。どのパッケージを使用するかは好みですが、今回は「The Open GApps Project」より“open_gapps-arm-5.1-pico-20151124.zip”をダウンロードしました。

    “pico”は最小構成のパッケージで必要なアプリはGoogle Playからダウンロード&インストールする必要があります。
  • UPDATE-SuperSU-v2.46.zip【任意】

    SuperSU Download」からダウンロードできます。

導入手順

CM12.1の導入手順と同じなのでファイルを読み替えて「SO-04DにCyanogenMod 12.1を導入する#導入手順」を参照してください。

Resurrection-Remixのパフォーマンス

Xperia GX SO-04DへカスタムROMをインストール後にベンチマークを取ってみました。詳細は「SO-04Dに導入したカスタムROMのベンチマークをまとめるよ」を参照してください。

まとめ

Resurrection-Remixは何故か起動時に初期設定画面が表示されなかった?ので起動直後に日本語での表示はされません。設定より言語の選択をする必要がありますが日本語を選択しても一部英語で表記されていました。

また、他のカスタムROMに比べてパフォーマンスが良いのが特徴でしょう。

参考 Xperia GX SO-04Dが面白そうなので購入してみました

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事