Xperia Z3 Compact SO-02Gが絶賛値上がり中

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

Xperia Z4 SO-03Gの発熱問題の影響かXperia Z3 Compact SO-02Gがびっくりするほど値上がりしています。

相場推移

私が購入したのは、2015年5月末頃で35,000円でした。今から考えれば安いですが、当時の相場が30,000~35,000円程度だったので少々高めの値段でした。当時から現在(2015年8月)までの相場推移は以下の通りです。

年月 相場
2015/05 32,500
2015/06 37,500
2015/07 40,000
2015/08 50,000

Xperia Z3 Compact SO-02G

値上がりの原因

原因は大きく3つあると思います。

  • Xperia Z4 SO-03Gの不具合や発熱問題
  • Xperia A4 SO-04GがXperia Z3 Compact SO-02Gと同スペック
  • Z4にCompact系が無いのでXperia Z3 Compactは言わば最新機種

個人的には、最後の理由が一番当てはまるんじゃないかと思っています。よく考えてみれば、Xperia Z4はXperia Z3の後継機種なのでXperia Z3 Compactの後継機種は存在しないことになります。
また、Xperia Z2 Compactは存在しないのでXperia Z3 Compactの1つ前はXperia Z1f(グローバル版はXperia Z1 Compact)となります。
したがって、Xperia ZシリーズのCompact系統の機種がほしい場合、最新機種であるXperia Z3 Compactに人気が集中するのは仕方がないのかもしれません。

Xperia Z1f SO-02Fでも良いんじゃないか

Xperia Z3 Compact SO-02Gに人気が集中するのはわかりますが、50,000円の価値があるかと言われると「どうだろう」と感じます。私自身もXperia Z3 Compact SO-02Gを所持していますが50,000円で買ってくれるならすぐに手放します
そこで、Xperia Z1f SO-02Fでも良いんじゃないか?と思い比較してみました。

Z1f SO-02FとZ3 Compact SO-02Gのスペック比較

基本性能のみ比較してみましたがほとんど一緒でした。ただ、Z1fはLollipopへのアップデートが絶望的(グローバル版を使えばアップデート可能)なので、できるだけ新しいOSを使いたい場合にはZ3 Compact SO-02Gの方が良いでしょう。っと言ってもZ3 Compact SO-02Gもグローバル版から見れば1周遅れです(グローバル版はAndroid 5.1)。

Z1f Z3C
CPU Snapdragon 800 2.2GHz Snapdragon 801 2.5GHz
RAM 2GB 2GB
内臓メモリ 16GB 16GB
外部メモリ 2~128GB 2~128GB
バッテリー 2300mAh 2600mAh
OS Android 4.2.2 → 4.4 Android 4.4.4 → 5.0.2

※CPUは両方ともにクアッドコア

Z1f SO-02Fの価格

中古価格なので状態により変動はありますが、20,000~30,000円程度が相場ではないでしょうか。

SO-02F Xperia Z1 f

古い機種ほど新品価格は高くなる傾向にありますので注意してください。

海外版(グローバル版)と言う手もある

ここまで値段が上がってくると海外版(グローバル版)のSIMフリー端末を購入する方が良いかもしれません。SIMフリーであれば、docomoの制約がないのでテザリングやGPSなどのカスタマイズをする必要もありませんし、アップデートの期待もできます。

参考 Xperia Z3シリーズのSIMフリーなグローバルモデルは買いか否か

まとめ

さすがに高騰しすぎじゃないかと思いますが、それでも買う人がいるんでしょう。ただ、最近のスマートフォンは思っているほどスペック的には変わらない部分があるので、最新機種や最新OSにこだわらなければ1つ前の機種でも十分に使うことができます。
Xperia Z3 Compact SO-02Gの価格高騰が一段落すればXperia Z1f SO-02Fの価格も上がってくる可能性も無くはないので、欲しい人は今のうちに手に入れておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする