[6.0] root化したドコモスマホ『SO-02G』のMarshmallowアップデート方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

FTFが作成できないAndroid 6.0.1 MarshmallowなXperia Z3 Compact SO-02Gをroot化するためにはXperia A4 SO-04G化すれば良いですが、これまでと手法が異なるので手順を紹介します。

root化及びそれに関連する事はすべて自己責任です。何がおきても一切の責任は負いません。

概要

Xperia Z3 Compact SO-02Gのroot化は、2016年08月現在でAndroid 4.4.4 KitKatでしか行うことができません。そのため、Android 5.0.2 LollipopやAndroid 6.0.1 Marshmallowへアップデートをするためには、OSのイメージファイルであるFTFからシステムファイルの更新を行う専用ファイル(preroot.zipと言う)を作成してアップデートを実施する必要があります。

ただ、SO-02GのAndroid 6.0.1 Marshmallowアップデートは、OTA(スマートフォン本体からのアップデート)のみしか対応しておらず、FTFファイルを作成することができません。しかし、「外装が違うだけで中身は一緒である」ともっぱらの噂であるXpeira A4 SO-04GのFTFを用いるとpreroot.zipを作成することができます。

Xpeira Z3 SO-01Gなどその他の機種で同じようなことができるわけではありません。

これまでの手順は?

Android 5.0.2 Lollipopまでのpreroot.zipを作成するためには、kernel.sinとsystem.sinをFTFから抜き出し既存のpreroot.zipに格納するだけでしたが、Android 6.0.1 Marshmallowの場合は、それではうまく行かずにブートループ(起動ロゴで再起動を繰り返す)してしまうので、正式にpreroot.zipを作成する必要があります。

preroot.zipを作成する手順

前提条件

必要なファイル

  1. PRFCreator
    preroot.zipを作成するためのツールです。
  2. dummy_flashable.zip
    カスタムリカバリ(TWRP3.0.2-0)です。preroot.zipを作成するのに必要なファイルです。
  3. RecRootV4_combined.zip
    preroot.zipを作成するのに必要なファイルです。
  4. SO-04G_23.5.B.0.303_1296-2804_R13D.ftf
    Xpeira A4 SO-04GにおけるAndroid 6.0.1 Marshmallow(ビルド番号:23.5.B.0.303)のイメージファイルです。自分で作成するかインターネット上からダウンロードする必要があります(当サイトで配布・ダウンロード元の案内はしていません)。
    参考 Xperiaのイメージファイル『FTF』を作る方法

操作

  1. PRFCreatorを起動し以下の必要ファイルを選択し、include欄より最低限『Kernel』にチェックを付け、最後に『create』をクリックします。
    FTF File SO-04G_23.5.B.0.303_1296-2804_R13D.ftf
    SuperSU Zip dummy_flashable.zip
    Recovery Zip RecRootV4_combined.zip

    PRFCreatorの使い方

    Kernelのみでもアップデートは完了しますが、問題が起きるようであれば必要に応じてチェックしてください。
  2. ウィンドウしたのログに “Finished” と表示されれば完成です。

    PRFCreatorの使い方

  3. 同フォルダに作成されたファイル “flashable-prerooted.zip” をスマートフォン本体に保存します。
    参考 『Android』と『パソコン』をUSB接続してファイルのやり取りを行う方法

    “flashable-prerooted.zip” がpreroot.zipとなります。

preroot.zipを作成するやり方は以上です。

preroot.zipのインストール

  1. スマートフォンを再起動させると、LEDが緑色に光って「ブルッ」と震えるので、本体のボリュームダウンキーをポチポチと連続で押下し、LEDの色が変わったらやめます。

    Xperia→キー&ボタン

  2. カスタムリカバリーが起動したら『Install』をタップして、内部ストレージに格納した “flashable-prerooted.zip” を選択します。インストールが完了したら、左下の『ホーム』アイコンをタップして初期画面に戻ります。

    TWRPTWRP→install

  3. 次に『Wipe』→『Adcanced Wipe』とタップし “Dalvik Cache” と “Cash” にチェックをつけてから『Swipe to Wipe』をスワイプします。完了したら、左下の『ホーム』アイコンをタップして初期画面に戻ります。

    TWRP→WipeTWRP→Wipe→Adcanced

  4. 最後に『Reboot』→『System』をタップして端末を再起動します。

    TWRP→Reboot

カスタムリカバリでpreroot.zipをインストールするやり方は以上です。

カスタムリカバリのインストール

これまでの方法では、カスタムリカバリのインストール作業が別途必要でしたが、preroot.zipに同梱(TWRP3.0.2-0)しているので改めてインストールする必要はありません。これまでと同じように起動できます(ボリュームダウンキー押下)。

その他の作業

任意で以下の作業も行うと良いでしょう。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法
参考 SO-04G化したXperia Z3 Compactの名前を “SO-02G” に戻す方法
参考 無効になっているマルチウィンドウを有効にする方法

preroot.zipをインストールした後は、スマートフォン本体が完全に起動するまでに時間がかかるので気長に待ちましょう。また、グローバル版(海外モデル)のFTFを用いたアップデートでは、NFCが使用できなくなるなどの欠点がありますが、SO-04GのFTFを用いるとNFCも正常に動作するようです。

Pickup! root化したドコモスマホ『SO-02G』のLollipopアップデート方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事