MarshmallowなXperia Z3 Compactを使ってみた感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

2016年08月09日に提供が開始されたXperia Z3 Compact SO-02GのAndroid 6.0 Marshmallowアップデートですが、アップデートを実施してから1週間たったので感想を書いてみました。

操作性

いわゆる「ヌルサク」な状態です。OSのアップデートを行うと「もっさり」とする印象でしたが、そんなことは無くAndroid 5.0.2 Lollipopと比べても「サクサク」「キビキビ」と動作し全体的に好印象です。

UI

Xperia Z3 Compact SO-02Gは、Android 4.4.4 KitKatを搭載して発売されました。その後、Android 5.0.2 Lollipopへアップデートされ、今回のAndroid 6.0 Marshmallowへアップデートされました。

KitKatからLollipopの時にはあまり気にならなかったUI(ユーザーインターフェース)の変化ですが、LollipopからMarshmallowへは要所要所で変化が大きく戸惑うことも多かったです。

スグに慣れるので問題は無いでしょうが、まだアップデートしていないのであれば、落ち着いたときに実施したほうが良いでしょう。

バッテリー

「Android 6.0.1 Marshmallowにアップデートするとバッテリーの持ちが悪くなる!」と言われていますが、前評判が悪かったことが影響してか、個人的な印象は「思ってたより減りが少ない」です。

OSのアップデートを行うとスマートフォンを操作している時間が長くなるため、どうしても通常よりバッテリーの持続時間が短くなってしまいがちです。また、バッテリーの残量を気にするあまり、いつもより余計に余計に画面を点灯させたり、バッテリー監視アプリ(battery Mixなど)を起動させたりとバッテリーの消耗を激しくさせている可能性が捨てきれません。

そのため、「バッテリーの減りが早い」と感じていた人も1週間もすれば落ち着いてきたのではないでしょうか。

GPSの測位時間

MVNO(格安SIM)で使用しているGPSの測位が遅くなる問題がありますが、Android 6.0.1 Marshmallowではそれほど遅いという感じはせず、30秒から1分程度で測位完了しました。一応、root化して対策してみたところ数秒で測位完了するので、問題としては残っているようですが、それでもだいぶ改善されています。

これは推測ですが、A-GPSのデータが取得できずにタイムアウトすると、途中からGoogleなど別のサーバーへ接続しているのかもしれません。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

まだまだ戦える?

SO-02Gは2014年11月に発売された機種なので、発売後2年が経過しようとしています。スマートフォン本体のスペックには全く問題は無いでしょうが、交換できないバッテリーの劣化が気になるところです。その為、省電力設定をおこなって、できる限りのバッテリー温存をしていった方が良いでしょう。

参考 Android 6.0.1なSO-02Gに施した設定
Pickup! ドコモXperia Z3シリーズにAndroid 6.0アップデートを提供スタート!

スポンサーリンク

シェアする