新機種『Xperia X』シリーズの3製品が発表された【MWC2016】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

バルセロナで開催されたMWC2016(Mobile World Congress 2016)にて日本時間2月22日(月)16時30分からソニーモバイルが新しいXperiaシリーズ『Xperia X』シリーズの3製品が発表されました。

『Z』から『X』へ

これまでのXperiaシリーズにおけるハイエンドモデルには『Xperia Z』が名付けられていましたが、これからは『Xperia X』と名付けられるようです。

すなわち、Xpria Z5シリーズの後継機はXperia Z6シリーズでは無く『Xperia X』シリーズと言うことになるようです。

Xperia Xシリーズの概要

Xperia X Performance

Xperia Xシリーズの中でフラッグシップな製品となりQualcommの最上位SoCである『Snapdragon 820(MSM8996)』が搭載されます。Snapdragon 820が搭載されるのはXperia X Performanceのみとのことです。

参考 Xperia XZへ搭載される「Qualcomm Snapdragon 820」に注目してみた

スペックとしては内部ストレージが『32GB』、ディスプレイは『5インチのフルHD(1080p)』、Androidバージョンは『Android 6.0 Marshmallow』が搭載されます。

USB端子は『Micro USB』が採用され残念ながら “USB Type-C” の採用は見送られ、バッテリー容量は『2,700mAh』で『quick charge 2.0』に対応とのことです。

本体カラーはホワイト・グラファイトブラック・ライムゴールド・ローズゴールドの4色ですが、ホワイトとグラファイトブラックには『ヘアライン加工』が施され高級感が醸し出されるでしょう。

Xperia X Performance

Xperia Z5シリーズで言うところの『Premium』に位置するスマートフォンでしょう。

Xperia X

Xperia Xに搭載さるのはSnapdragon 820では無く『Qualcomm Snapdragon 650(MSM8956)』となります。

参考 Xperia Xシリーズへ搭載される『Snapdragon 650』を調べてみた

スペックとしては内部ストレージが『32GB』、ディスプレイは『5インチのフルHD(1080p)』、Androidバージョンは『Android 6.0 Marshmallow』が搭載されます。
USB端子はPerformanceと同様に『Micro USB』が採用され、バッテリー容量は『2,620mAh』で『quick charge 2.0』に対応とのことです。

本体カラーはホワイト・グラファイトブラック・ライムゴールド・ローズゴールドの4色で、Performanceと違いヘアライン加工されたカラーはありません。

Xperia X

Xperia XA

Xperia Xシリーズの中でも廉価版(低価格版)としての立ち位置にありSoCもSnapdragonでは無く『MediaTek Helio P10』が搭載されます。

参考 Xperia XAに搭載されるSoC『MediaTek Helio P10』って何だ?

スペックとしては内部ストレージが『16GB』、ディスプレイは『5インチHD(720p)』、Androidバージョンは『Android 6.0 Marshmallow』が搭載されます。

USB端子はPerformanceと同様に『Micro USB』が採用され、バッテリー容量は『2,300mAh』で『quick charge 2.0』に対応とのことです。

本体カラーはホワイト・グラファイトブラック・ライムゴールド・ローズゴールドの4色で、Performanceと違いヘアライン加工されたカラーはありません。

Xperia XA

Xperia Aシリーズで言うところの『A4』に位置するスマートフォンでしょう。Compact系かとも思いましたが、画面サイズが『Compact』では無いので別に発売される予感がします。

参考 国内バンド対応!待望の『Xperia X Compact』がついに登場!!

国内キャリアからの発売は?

Xperia X Performanceが日本市場への投入も予定されているそうなのでドコモやau、SoftBankからの発売が期待できるでしょう。国内の各キャリアでは『2016年春夏モデル』の発表が控えているので、今回発表されたXperia X Performanceの発表が期待できます。

ドコモ、au、ソフトバンクから発表されました。

参考 ドコモがXperia Xシリーズ『Xperia X Performance SO-04H』の発売を発表!
参考 auが『Xperia X Performance』の発売を発表!

また、可能性はほとんどないでしょうが、国内キャリアから販売されるのがXperia X Performanceのみであれば、その他のXperia XやXperia XAが各MVNOサービスからSIMフリースマートフォンとして提供されないかと期待したいところです。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!

グローバル版の購入も考慮したい

MVNOで使用する前提であれば国内キャリアモデルはroot化ができない可能性が高いためA-GPSなどを有効化することができないことからグローバルモデル(グロ版)を購入したほうが良いでしょう。

参考 Xperia Xの海外版であるSIMフリーなグローバルモデルは買いだった
参考 Xperia Z5 / Xperia Xシリーズのroot化は何故できないのか?
参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

まとめ

残念ながらワイヤレス充電Qiには非対応でしたが、充電用のUSB端子が本体の下部に位置しているため、Qiアダプターを後付けすることでQi対応にすることもできるでしょう。

参考 Xperiaでワイヤレス充電!おくだけ充電ができる『Qi』に注目してみた

Xperiaシリーズのフラグシップ機は年に1回との話が出ているので2016年は以上で終わりかもしれません。

参考 2016年からXperiaのリリースは年1回!?

また、背面に金属が採用された過去のXperiaシリーズとして『Xperia P LT22i』がありますが、国内未発売の機種であったのにも関わらず個人輸入するユーザーが後を絶たなかった大人気機種でした。そのため、今回も人気がでることが予想される機種になるでしょう。

Pickup! 乱立するXperia Xシリーズの機種をまとめてみた

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事