Linux Readerを使ってFTFの.sinファイルから中身を取り出す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

XperiaのROMはFTFという形で保存しておくことができます。Flashtoolを使えばどのバージョンにも戻すことができて重宝していますが、ちょっと中身を見たい時にいちいち端末に焼くのは面倒なのでWindows上で取り出してみます。

7-Zipを使った方法

7-ZipがLinuxのファイルシステムとして使われているext2/ext3/ext4をサポートしたのでLinux Readerを使うより簡単になりました。詳細は「7-Zipを使ってFTFの.sinファイルから中身を取り出す方法」を参照してください。

必要なもの

Linux Readerを使ってFTFから中身を取り出す

FTFから.sinファイルを取り出す

  1. FTFは拡張子が違うだけで単なるZIPファイルなので圧縮・解凍ソフト(7-Zipなど)を使って解凍します。

    FTFファイルをZIP解凍

    拡張子がftfなので圧縮ファイルとして認識されませんが7-Zipを使えば直接解凍できます。よくわからない人は拡張子をzipに変えると簡単です。
  2. 解凍したファイルの中から、今回は例としてよく使うであろうsystem.sinを使用します。

    FTFファイルのsystem.sinファイル

system.sinを変換

system.sinをsystem.ext4に変換します。prerootedファイルを作成したことのある人はやったことがあると思います。

  1. Flashtoolを起動し、”Tools”から「Sin Editor」をクリックします。

    Flashtool「Tools→Sin Editor」

  2. system.sinファイルを選択し「Extract Data」をクリックします。

    Flashtool「Sin Editor→Extract Data」

  3. “Extraction finished to ~”と表示されれば変換完了です。

    Flashtool「Extraction finished」

  4. 変換したファイルはsystem.sinと同じフォルダーに「system.ext4」として保存されます。

    system.ext4ファイル

以上で終了です。

system.ext4を読み込む

  1. Linux Raderをインストールします。

  2. Linux Raderを起動し、”Devices”から「Mount Image」をクリックします。
    Linux Rader「Mount Image」

  3. 「Raw Disk Images」にチェックを付けて「Next」をクリックします。
    Linux Rader「Raw Disk Images」

  4. ファイルを開くダイアログが表示されるので「system.ext4」を選択して「開く」をクリックします。
    Linux Rader「ファイルを選択」

  5. Linux RaderにHDDがされますのでダブルクリックすると中身を見ることができます。
    Linux Rader「追加されたHDD」

  6. 以上で終了です。

system.ext4の中身を保存する

  1. system.ext4の中身で取り出したいものを右クリックし「Save」をクリックします。
    Linux Rader「サブメニュー」

  2. “Export Wizard”が開くので「Save」にチェックがついていることを確認し「Next」をクリックします。
    Linux Rader「Export Wizard」

  3. 保存先を指定し「Next」をクリックします。
    Linux Rader「保存先の指定」

  4. 保存するファイルのリストが表示されますので問題がなければ「Next」をクリックします。
    Linux Rader「対象のリスト」

  5. “Completeing the Export Wizard”と表示されれば完了です。
    Linux Rader「expoert完了」

  6. 指定のフォルダーに保存されます。
    Linux Rader「保存フォルダー」

  7. 以上で完了です。

まとめ

これでFTFの中身を読むことができるようになりました。ファイルを確認したいだけであれば端末に焼きこむより楽に作業できます。

スポンサーリンク

シェアする