Xperia X CompactにAndroid 8.0 Oreoがやってきた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia X Compact

手元のXperia X Compactに、Android 8.0 Oreoへのアップグレードが配信されたので適用してみました。海外で販売されているF5321を元にしているので、日本国内で販売されているSO-02Jとは異なる箇所があるかもしれません。

概要

今回のアップデートはAndroid 7.1 NougatからAndroid 8.0 Oreoへのアップグレードとなっています。ビルド番号は34.3.A.0.252から34.4.A.0.364へと変わりました。また、Androidセキュリティパッチレベルは2017年12月1日から2018年1月1日となっています。

Xperia X Compact→Android 8.0 Oreo→設定→システム→端末情報

アップデートのやり方は、スマートフォン本体からはもちろんパソコン経由でも可能です。

参考 Xperiaを本体のみでアップデートする方法
参考 Xperia Companionで『アップデート』する方法

バージョンは設定の『システム』→『端末情報』より確認することができます。

アップデート内容

Android 8.0 Oreo

前バージョンであるAndroid 7.1 NougatからメジャーバージョンアップとなるAndroid 8.0 Oreoへアップデートが行われました。Android 8.0 Oreoでは設定など一部のUIが変更となっているので注意が必要ですが “新機能” の搭載はもちろん
“Androidセキュリティパッチレベル” の更新が行われているのでアップデートをオススメします。

Xperia XZ1 Compact→設定

参考 Googleから “Android 8.0 Oreo” が発表された!

パフォーマンス

メジャーバージョンアップが提供されて気になるのがパフォーマンスです。大幅なアップデートでは稀にパフォーマンス低下が見受けられますが、Android 7.1 NougatからAndroid 8.0 Oreoでは大幅に変わることはありませんでした。ちなみにAntutuによるベンチマークのスコアは97107でした。

Xperia X Compact→Android 8.0 Oreo→Antutuベンチマークスコア

アップデート前のAndroid 7.1 Nougatでは96000前後だったので多少はパフォーマンスが向上しているようです。ただ、アップデート直後はバックグラウンドで様々な処理が行われているので重く感じるかもしれません。いずれ落ち着くのでしばらく待ってみると良いでしょう。

気になるところ

Xperia X Compactに限った話では無いですが、XperiaシリーズのAndroid 8.0 Oreoではステータスバーの “アンテナアイコン(モバイルネットワーク/Wi-Fi)” における通信中アイコン(▲▼)が表示/非表示によってズレが生じる部分があります。

Xperia XZ1 Compact→ステータスバー→アンテナピクトアイコンの通信状態アイコン

一応の対処方法はあるので「どうしても気になる」と言う場合には試してみると良いでしょう。

参考 アンテナピクトの通信表示によるズレを無くす方法

まとめ

今回は海外で販売されているSIMフリーなXperia X Compact F5321を用いてアップデートを実施しました。NTTドコモからSO-02Jとして販売されている日本国内モデルでもAndroid 8.0 Oreoへのアップデートは予定されていますが、ある程度は時間がかかるので気長に待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事