Xperia J1 Compact が良いかもしれない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Xperia

2015/4/20(月)に発売されたSIMフリー端末「Xperia J1 Compact d5788」がなかなか良さげな感じで久々に購買意欲がそそられました。

ポイント

スペックはXperia A2 SO-04Eと同等

「Xperia J1 Compact」2015/4/20(月)に発売されたので最新型と思いきやXperia A2 SO-04Eと同等レベルのスペックですのでお間違いなく。ただ、近頃のスマートフォンはオーバースペックですので充分でしょう。

液晶は4.3インチ

HD(720×1280ドット)の4.3インチ液晶を搭載で片手での操作も楽々でしょう。

CPUは2.2GHzクアッドコア

これも、もう充分でしょう。最近はオクタコアなどと言う商品も出てきましたがバッテリーの消費が大きくなるだけなのでこれくらいがバランスいいと思います。

OSはAndroid 4.4.4 KitKat

Android5.0 Lolipopの時代にAndroid4.4.4 KitKatとはやはり一周遅れなXperiaですが、Sony Mobileから直接販売されていることを考えるとバージョンアップは期待できます。

カメラは220万画素

“プレミアムおまかせオート”を搭載しているので初心者にも優しいです。個人的にはマニュアル撮影を推奨しているのでポイントにはなりませんが。

おサイフケータイに対応

これには正直驚かされました。MVNOでおサイフケータイ対応はすばらしい進化です。2015年8月13日現在でnanaco、ローソンモバイルPonta、WAON、楽天Edy、QUICPay、モバイルスターバックスカード、mobile menbers、東京ドーム TDモバイル2、ticket boardに対応しています。

モバイルSuicaにも対応します。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!

NFCにも対応している

bluetooth機器とのペアリングに便利です。また、Apple iPhoneがNFCを搭載したことを受けて今後はNFCでおサイフケータイが展開されることが予想されますので、今後は必須の機能でしょう。

マグネット端子、micro SDカードスロット

Xperia Z4では廃止されてしまった充電用のマグネット端子を装備しています。また、使用頻度は低いですがいざと言うときに役立つmicro SDカードスロットも地味にうれしい存在です。

その他

超解像エンジン「X-Reality for mobile」、省エネ機能「STAMINAモード」を搭載しています。

注意点

ワンセグ機能

最近の機種には必ず搭載されているのであると思われがちですがないです。無くて困るものでもないでしょうがあると思っていた人は注意してください。

キャリア独自機能

当然ですが、docomo、auなどのキャリア独自機能(しゃべってコンシェルやあんしん遠隔サポートなど)はありません。

緊急地震速報

これも非対応です。緊急地震速報は各キャリアが提供している機能なので搭載されていなくて当然なのですが、これに関してはゴニョゴニョすれば搭載できそうな気がします。また、緊急地震速報に関しては今後アップデートの形で搭載されるかもしれません。

購入方法

残念ながら白ロム以外の方法では単体購入はできずMVNOの回線とセットでの販売となります。価格は各販売店で確認した方が良いですが6万円弱ぐらいでしょう。最近のスマートフォンにしては 安いほうですが、高い買い物になります。

SonyはSo-netと言うMVNO会社を持ってしまっているのでAppleのような単体販売はできないんでしょう。これが日本企業の残念なところですが、白ロムであれば各販売店にて購入できます。

SONY XPERIA J1 Compact D5788 SIMフリー
SONY
¥ 38,300

BootLoader Unlockが可能

Xperiaのカスタムユーザの間で大事なのがBootLoader Unlockが可能かどうかでしたが、Xperia J1 Compactは「可能」であることが判明しました。

これは日本国内で販売されている端末としては初のことではないでしょうか。これまでは、海外の端末では当然できることが日本で発売されている端末ではできなかったのでXperia J1 Compactも当然できないだろうと思って調べもしなかったのですが「可能」と聞いて購買意欲がグンッと上がりました。

BootLoader Unlockが「可能」だと何ができるのかと言うと、カスタムROMと呼ばれる改造されたAndroidを使用することができます。様々なカスタムROMがあり、カスタム内容もそれぞれ違うのでいろんなカスタムROMを試して自分に合ったものを探すのが楽しみでもあります。
また、BootLoader Unlockされているとrootedにすることも可能なので、先ほど非対応とした「緊急地震速報」等も導入することができると思われます。

まとめ

購入には回線契約が必要なので私としては白ロムが出回るのを待つ事になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事