HUAWEIがhonor 9の日本発売を発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Huawei honor 9

HUAWEIが提供するAndroidスマートフォン “honor 9” の日本発売が2017年10月10日に発表されました。

honor 9とは?

2017年6月12日に海外向けグローバルモデルが発表されたスマートフォンです。海外では低価格でありながらハイエンドモデル “HUAWEI P10” と同等の性能を持つコストパフォーマンスに優れた機種で人気を集めている機種です。

基本スペック

前述したとおり、HUAWEIのハイエンドモデル “P10” と同等の性能を持つ機種です。あえて違いを挙げるのであればカメラレンズで、P10はライカレンズを用いていますがhonor 9は一般的なレンズを用いています。この違いをどうとるかは「カメラ性能をどこまで求めるか」によるでしょう。

honor 9 P10
SoC HUAWEI Kirin 960 HUAWEI Kirin 960
OS Android 7.0 Nougat
EMUI 5.1
Android 7.0 Nougat
EMUI 5.1
液晶 5.15インチ 5.1 インチ
解像度 フルHD
(1920×1080)
フルHD
(1920×1080)
内部ストレージ 64GB 64GB
メモリ 4GB 4GB
背面カメラ1 1,200万画素
2,000万画素
1,200万画素
2,000万画素
前面カメラ 800万画素 800 万画素
バッテリー 3,200mAh 3,200mAh
本体カラー サファイアブルー
グレイシアグレー
ダズリングブルー
プレステージゴールド
ミスティックシルバー
グラファイトブラック
非接触IC NFC NFC
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
2.4GHz/5GHz
802.11a/b/g/n/ac
2.4GHz/5GHz
Bluetooth 4.2 4.2
生体認証 指紋認証 指紋認証
SDカード 最大256GB
(SIMカードと排他)
最大256 GB
(SIMカードと排他)
SIMサイズ nanoSIM x 2 nanoSIM x 2
その他 ライカレンズ

また、対応が期待されていた “Felica” は残念ながら未対応となったようです。

対応バンド

日本向けに販売される機種なので、NTTドコモのプラチナバンド(800MHz:Xiプラスエリア・FOMAプラスエリア)やソフトバンクのプラチナバンド(900MHz)に対応していますが、最低限のバンドのみで一部に非対応なバンドがあるため、場所によっては電波状況が悪くなる可能性があります。また、auに関してはバンド1(2.1GHz)しか対応していないので使用は難しいでしょう。

4G – LTE
band ドコモ au SB honor 9
1(2.1G)
3(1.8G)
8(900M)
11(1.5G)
18(800M)
19(800M)
21(1.5G)
26(800M)
28(700M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

3G – W-CDMA
band ドコモ au SB honor 9
1(2.1G)
6(800M)
8(900M)
9(1.7G)
11(1.5G)
19(800M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

発売日と価格は?

海外で販売されているグローバルモデルな “honor 9” は比較的に安価な価格で提供されていますが、日本モデルでは税込みで約58,000円程度となっています。発売日は2017年10月12日で、格安SIM事業者ではOCN モバイル ONEIIJmioモバイルサービスなどが取り扱うので、各社のサービスを利用すれば安価に購入できるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事