Android 8.0 Oreoのピクチャー・イン・ピクチャーをお試し!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
重なり

Android 8.0 Oreoから新しく搭載された機能の1つに “ピクチャー・イン・ピクチャー” があります。手持ちのスマートフォンでは限定的にしか使えないようですが物は試しと使ってみました。

ピクチャー・イン・ピクチャーとは?

Android OSで動画などを小窓で再生しつつ別のアプリを使う機能をピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)と呼びます。Android TVではAndroid 7.0から使えたようですが、スマートフォンではAndroid 8.0から搭載されました。画面を二分割するマルチウィンドウと似た機能ですが、ピクチャー・イン・ピクチャーは、テレビ番組における “ワイプ” のイメージが適切でしょう。

Xperia XZ1 Compact→ピクチャー・イン・ピクチャー

参考 スマホで2つのアプリを同時に表示させる方法

ピクチャー・イン・ピクチャーを使う方法

他の機種ではわかりませんが、手持ちのXperiaでは一部のアプリでしか動作しませんでした。
  1. 小窓表示(ピクチャー・イン・ピクチャー)したい画面を表示させます。

    Xperia XZ1 Compact→Googleマップ→ナビ機能

    今回は例として、Googleマップのナビ機能を用いています。
  2. スマートフォンの『ホームボタン』をタップ(押下)すると、表示されている画面が小窓表示(ピクチャー・イン・ピクチャー)になります。

    Xperia XZ1 Compact→ピクチャー・イン・ピクチャー

    ホームボタンとは画面下部に表示されているナビバーの中央にあるボタンです。機種によっては物理ボタンの場合もあります。
  3. 別のアプリを起動させると同時に使用することができます。

    Xperia XZ1 Compact→ピクチャー・イン・ピクチャー

  4. ピクチャー・イン・ピクチャーを終了させるには、小窓を下にスワイプします。

    Xperia XZ1 Compact→ピクチャー・イン・ピクチャー

ピクチャー・イン・ピクチャーを使うやり方は以上です。

所感

ピクチャー・イン・ピクチャーによって小窓表示されるアプリは最小の情報しか表示できませんが、例としたナビ機能などでは意外と問題なく使用できそうです。パソコンと違いスマートフォンの多くは同時に複数のアプリを動作させることが難しいですが、小さい画面でも機能を果たせるのであれば、どんどんピクチャー・イン・ピクチャーへの対応を進めてほしいところです。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事