Wi-Fiテザリングでインターネットに接続する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

最近は外でパソコンを使用する人が増えてきました。以前はモバイルルータなど専用の機器を使用している人が多かったですが、スマートフォンでテザリングしたいという質問を多く受けるので、今更かもしれませんが設定方法を紹介します。

テザリングとは?

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイント(親機)としてパソコンやゲーム機、タブレットなどをインターネットに接続するための機能です。このインターネットに接続するパソコン、ゲーム機、タブレットなどをクライアント(子機)と言います。もちろん、別のスマートフォンをクライアント(子機)とすることもできます。

テザリングの設定

ここでは、Xperia Z3 Compact SO-02Gを用いて説明します。他の機種でもAndroidであれば画面は似たようなものでしょう。
参考 iPhoneでもWi-Fiテザリングができるので使い方をまとめた
  1. 設定より その他の設定(無線とネットワーク) を開き テザリング をタップします。

    Xperia「無線とネットワーク」

  2. テザリングより Wi-Fiテザリング をタップすればテザリングが開始されますが、その前に Wi-Fiテザリングの設定 をタップします。

    Xperia「Wi-Fiテザリング設定」

  3. ここでアクセスポイント(親機)のネットワーク名(SSID)とパスワードを決めますので Wi-Fiテザリング設定 をタップします。

    Xperia「Wi-Fiテザリング設定」

  4. 表示された入力欄には ランダムに設定された初期値 が入力されている場合があります。そのまま使用してもかまいませんが、自分でわかりやすいものに変更したほうが使い勝手は良いと思います。クライアント(子機)に入力するので設定した内容は覚えておきます。

    Xperia「Wi-Fiテザリング設定の入力」

    “ネットワーク名(SSID)”とは、アクセスポイントを識別するためのIDです。英数字を使用するのが適切でトラブルが無いでしょう。Wi-Fiに接続できる機器からは誰でも見ることができるので個人情報などを設定するのオススメしません。
    “セキュリティ”は暗号化の種類で「WPA2 PSK」が適切です。よほど古い機器で無い限り”WPA2 PSK”で接続できます。
  5. 設定が完了したら、1つ前の画面”テザリング”に戻り Wi-Fiテザリング をタップして オン にします。

    Xperia「Wi-FiテザリングON」

以上で、テザリングが開始された状態になりますので、クライアント(子機)から先ほど設定した ネットワーク名(SSID)パスワード を用いて接続します。

エラーが表示される場合は?

ドコモスマートフォンでMVNO(格安SIM)を使用していると『テザリング中にエラーがおきました』とエラーが表示されることがあります。ドコモスマートフォンでは制限がかけられており SPモード以外でテザリングを行うことはできません
ただ、これを回避する方法はありますので詳しくは以下を参照してください。

参考 ドコモスマホでテザリングがエラーとなってしまう問題の解決方法

まとめ

パソコンなどスマートフォントとセットで持ち歩けば、どこでもインターネットに接続することができて非常に便利です。特にタブレットなどはWi-Fi専用の端末であっても外出時に使用することができるので、わざわざ値段の高いセルラー版(SIMを入れる機種)を購入する必要も無いので経済的にも非常に優れます。

また、Xperia Z3 Compact SO-02GはBluetoothを使ったテザリングも可能です。

参考 スマホでBluetoothテザリングを設定する方法
参考 パソコンをWi-Fiに接続する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事