Xperiaを手に持っているときにバックライトを消さない方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Xperiaには『スマートバックライト』と呼ばれる機能があり、この機能を有効にすると手に持っているときにはスリープしなくなるので便利です。

説明にはAndroid 5.0.2 Lollipopを搭載したXperia Z3 Compact SO-02Gを用いています。他のAndroidスマートフォンやバージョンによっては違うことがあるので注意してください。

『スマートバックライト』とは?

スマートフォンの画面は、操作しないと数秒から数分でスリープし画面が消えてしまいます(スリープまでの時間は設定によって変わります)。

参考 スマホ画面の表示時間を変更する方法

しかし、Xperiaの一部機種には『スマートバックライト』と呼ばれる機能が搭載されており、『手に持っている』ことをセンサーが判別しバックライトを消灯させないようにしてくれます。

用途がイメージしにくいかもしれませんが、例えば、手に持って写真を閲覧している際には操作をしなくてもバックライトが消灯することはありません。また、最近ではスマートフォンの画面にクーポン等を表示させて店員に見せたりすることも多いでしょうが、この際には自分から店員に手渡している間にバックライトが消灯することが無くなるので、やり取りがスムーズになります。

この『スマートバックライト』はデフォルトでオフになっていることが多いので、今まで煩わしさを感じていた人はオンにしてみると良いでしょう。

『スマートバックライト』をオンにする手順

  1. 設定より『画面設定』をタップします。

    SO-02G「設定」

  2. 画面設定より『スマートバックライト』をタップします。

    SO-02G→設定→画面設定

  3. スマートバックライトを『ON』に設定します。

    SO-02G→設定→画面設定→スマートバックライト

『スマートバックライト』をオンにするやり方は以上です。

設定項目に存在しているので、『隠れた機能』と言うわけでは無いですが、Xperiaの意外と知られていない機能の1つです。また、その他の画面設定については以下を参照してください。

参考 スマホ画面の表示時間を変更する方法
参考 Xperiaを『らくらくホン』化?文字を大きく(小さく)する設定方法
参考 スマートフォンの画面をダブルタップしてスリープを解除する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事