スリープ時におけるWi-Fiの挙動を設定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンでは、スリープ状態(画面がオフの状態)におけるWi-Fiの挙動を設定することができます。「接続したい!」「切断したい!」など自分の都合に合わせて設定しておきましょう。

Wi-Fi挙動の設定手順

  1. 設定より『Wi-Fi』をタップします。
    参考 スマートフォンの “設定” 画面を表示させる方法

    SO-02G→設定

  2. Wi-Fiより『三点リーダー(点3つ)』をタップします。

    SO-02G→設定→Wi-Fi

  3. 表示されたメニューより『設定』をタップします。

    SO-02G→設定→Wi-Fi→メニュー

  4. Wi-Fi設定より『スリープ時のWi-Fi接続』を変更します。

    SO-02G→設定→Wi-Fi→設定

    それぞれの挙動は “接続を維持する” は常時接続、“接続を維持しない” はスリープ中に切断、“充電中は接続を維持する” は充電中のみ接続となります。

スリープ時のWi-Fi接続を変更するやり方は以上です。

オススメ設定は?

バッテリーを気にする人は、そもそもWi-Fi自体をオフにしているでしょうが “接続を維持しない” に設定すればスリープ中はWi-Fiが切断されるのでバッテリーの節約に繋がり、いちいちWi-Fiのオン/オフを切り替える必要が無くオススメです。

「データ通信容量を可能な限り節約したい」と言う場合には、逆に “接続を維持する” に設定すればスリープ中でもWi-Fiが接続されたままになるのでオススメです。また、大きなサイズのデータをダウンロードしている最中なども良いでしょう。

個人的なオススメは “充電中は接続を維持する” で、これにすると充電中にWi-Fiが常時接続になるので、アプリの自動更新などを行うのにバッテリーを気にしなくてよいのでオススメです。

参考 Androidアプリがバックグラウンドで自動更新されないようにする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事