Androidスマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

SO-02GをAndroid 6.0 Marshmallowへアップデートしたことによって、新たに搭載された機能の1つに『システムUI調整ツール』があります。このツールは普段は見えないようになっていて手動で表示させる必要がありますが、手順がわかりにくいのでまとめておきます。

システムUI調整ツールってなに?

システムUI調整ツールとは、その名の通りUI(ユーザーインターフェース)を調整するためのツールです。

設定変更することでシステムアイコンなどの表示/非表示をコントロールすることができるため、よくわからずに変更してしまうと重要なアイコンを非表示に設定してしまう恐れがあるのでデフォルトでは表示されていません。

そのため、表示させるためには一定の操作が必要になります。難しい操作ではありませんが、タイミングが解りにくいために「表示できない」「表示されない」と言った声をよく聞きます。

誤った操作を行わないように不必要に表示させないよう注意してください。

表示させる手順

  1. クイック設定パネルを表示し『歯車アイコン』をロングタップ(長押し)し指を離します。

    SO-02G→Marshmallow→クイック設定パネル

    クイック設定パネルはステータスバーを上から下に2度スワイプすることで表示できます。
    ロングタップは長め(5秒程度)に行います。
  2. ロングタップから指を離すと “システムUI調整ツールを設定に追加しました” とメッセージ(トースト)が表示され、設定に『システムUI調整ツール』が追加されます。

    SO-02G→Marshmallow→設定

    ロングタップの時点でオンになる(メッセージが表示される)わけでは無く、指を離したときにオンになるので注意してください。

システムUI調整ツールを表示させるやり方は以上です。

システムUI調整ツールが表示された状態で、同じ操作をおこなえば非表示にすることができます。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事