Android 6.0.1なSO-02Gに施した設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Android 4.4.4 KitKatから始まったXperia Z3 Compact SO-02GのアップデートもAndroid 6.0.1 Marshmallowで最後でしょう。不具合修正のアップデートはあるかもしれませんが、大きく変わることは無いと予想できるので、改めて設定を見直してみようと思います。

この記事はXperia Z3 Compact SO-02GのAndroid 6.0.1 Marshmallow(ビルド番号:23.0.B.1.59)において、MVNO(格安SIM)のデータ通信専用SIM(SMS対応)での利用を想定しています。

本体設定

Wi-Fi

Wi-Fiは位置情報サービス(GPSなど)の精度を高める目的もあり常にオンの状態で使用しています。詳細設定のポイントは次の通りです。

右上の『縦に3つ並んだアイコン』をタップすると詳細設定を開くことができます。
  • ネットワークの通知:オフ
    Wi-Fiを常にオンにしているため、コンビニなどのオープンWi-Fiがあると通知領域に通知が表示されてしまうのを防いでいます。
    参考 Wi-Fiがオンだと通知される『Wi-Fiを利用できます』を表示されないようにする方法
  • 接続不良のとき無効にする:オフ
    一見するとオンの方が良さそうな項目ですが、一度無効になると接続が安定しても接続できなくなることが多いのでオフにしています。
  • スリープ時のWi-Fi接続:充電時は接続を維持する
    基本的に充電は自宅で行うため、充電中にアプリの自動アップデートなどが実施されるようにしています。

その他の設定

モバイルネットワーク

  • ネットワークモード:LTE/3G
    日本では私用されていない通信方式である “GSM” が含まれた項目を選択すると「無駄に電波を探してしてバッテリー消費につながる」と言われています。ただし、「意味が無い」と言う意見もあるのでおまじない程度に考えています。
  • アクセスポイント名:MVNOのみ
    ドコモスマートフォンであるSO-02Gには、初期設定として “SPモード” が設定されていますが、MVNO(格安SIM)を使用していると何かの拍子に勝手に切り替わってしまう事があるので、使用するAPN以外は削除しています。
    参考 突然にMVNOが繋がらなくなった時の対処方法

テーマ

  • プリインストールテーマ:ダーク
    Android 5.0.2 Lollipopでは別途テーマをインストールしないとステータスバーがブラックになりませんでしたが、Android 6.0.1 Marshmallowではデフォルトテーマでブラックになりました。

画面設定

  • 優先アプリ設定:Xperia
    一括設定で『Xperia』を選択しています。
  • 明るさの自動調整:オフ
    クイック設定パネルに調節用のスライダーが表示されているので手動で調整しています。
  • スリープ:5分
    バッテリーの消耗が激しくなるとの理由から「短く設定すべき!」と言われていますが、充電中以外はスリープでWi-Fiがオフになるように設定しているので、大きなサイズのファイルをダウンロードしているときなどにWi-Fiが切れないよう長めに設定しています。

アプリ

MVNO(格安SIM)での使用であることから、ドコモアプリは可能な限りアンインストールや無効化をしています。

列挙しているアプリのアンインストールや無効を推奨しているわけではありません。

アンインストール

  • 安心スキャン
  • カテゴリナビ
  • しゃべってコンシェル
  • データ保管BOX
  • はなして翻訳
  • フォトコレクション
  • 遠隔サポート
  • 地図アプリダウンローダ
  • Contents Headline
  • dブックマイ本棚DL
  • Evernote
  • Facebook
  • iコンシェル
  • mora Music Extension
  • OfficeSuite

無効化

  • カレンダー
  • スケジュール&メモ
  • ドコモバックアップ
  • ドコモメール
  • ブラウザ(Chromeで代替)
  • メッセージ(メッセンジャーで代替)
  • dメニュー
  • File Commander(Solid Explorerで代替)

加えてスマートフォン本体の設定から無効化できないアプリをパソコンからの操作で無効化しています。

参考 SO-02Gで不要なアプリを無効化する方法

位置情報

  • モード:高精度
    MVNO(格安SIM)ではroot化しないとA-GPSが使用できないため、GPS、Wi-Fi、Bluetoothなどをフル活用して位置情報を特定できるようにしています。
    参考 スマホの “位置情報” を設定する方法

セキュリティ

開発者向けオプション

参考 表示されてない『開発者向けオプション』を表示させるor非表示にする方法

システムUI調整ツール

参考 Androidスマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法

  • 内蔵電池の残量の割合を表示する:オン
    ステータスバーに表示されているバッテリーの100%表示をしています。

設定内容は以上です。

テザリング設定

ドコモスマートフォンはSPモード以外ではテザリングが無効化されているので有効化します。

参考 ドコモなXperiaでテザリングがエラーとなってしまう問題の解決方法

Android 6.0.1 Marshmallowにアップデートされて、かなり細かく設定できるようになっていますが、細かくなりすぎて初心者には難しくなってしまっているかもしれません。わからない項目は、一度に設定せず1つ1つ設定して動作を確認するようにした方が良いでしょう。

Pickup! [4.4] SO-02Gの設定内容を公開してみよう