ダウンロードしたアプリが表示されない!そんな時の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Google Playからアプリをダウンロード&インストールしたのに「アプリのアイコンが見つからない!」と言う場合がありますが、iPhoneからAndroidへ機種変更した人に多く見られる『勘違い』です。

iPhoneとAndroidの違い

スマートフォンは大別するとiPhoneとAndroidがあります。日本では当初iPhoneの方が人気が高かったですが、最近ではAndroidスマートフォンにも人気が高まっています。
そのため、iPhoneからAndroidスマートフォンへ機種変更する人も多く居ますが、iPhoneとAndroidではホーム画面の表示に関する大きな違いがあるために、ちょっとした勘違いが生まれてしまいます。

見失ったアプリの見つけ方

iPhoneでは、App Storeからアプリをダウンロード&インストールすると、ホーム画面にアイコンが追加されます。しかし、Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンでは、Google Playからアプリをダウンロード&インストールしてもホーム画面に表示されないことがあります。

これは、Androidスマートフォンには『ドロワー(または“ドロアー”と呼ぶ)』と呼ばれる場所があるからです。

ドロワーを表示する

Androidスマートフォンにおいて、ドロワーとは「インストール済みアプリの一覧を表示する場所」と言えます。原則としてAndroidスマートフォンでは、このドロワーにインストールされたアプリが一覧で表示されているために、必ずしもホーム画面に表示されるわけではありません。

  1. ドロワーを表示するためには、画面下部の中央に表示された『(サイコロの六のような)点が6つのアイコン』をタップします。

    Android「ドロワーアイコン」

  2. 表示されたドロワーから目的のアプリをタップすれば起動します。

    SO-02G→ドロワー

ドロワーを表示するやり方は以上です。

ホームに追加する

Google Playではダウンロード&インストールしたアプリのアイコンをホームに自動追加する設定が可能です。昨今のスマートフォンではデフォルトでオンになっていることが多い機能ですが、オフになっている機種も考えられるので確認してみると良いでしょう。

参考 Google Playでダウンロードしたアプリのアイコンが自動生成されないようにする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事