Smart Connectを使って『就寝モード』を作成し自動的に切り替える方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

就寝などの為に、設定した時間にサウンドオフ、自動でオンと言う挙動をしてほしい事は多々あると思います。Xperiaには『Smart Connect』と呼ばれる機能が搭載されており、自動オンオフを条件付きで設定することが可能です。

Smart Connectとは?

BluetoothヘッドセットやSmartTag、充電器などの周辺機器をトリガーにしたり、時刻をトリガーにしたりして、アプリを開始したりマナーモードなどの設定を変更したりすることができる仕組みです。

Xperiaで使える便利な標準インストールアプリの1つで、便利な割にはとっつきにくいアプリでもあるので使い方を覚えておくと便利です。

Smart Connectの使い方

“使い方” と言ってもSmart Connectは様々な用途に使用できるため、カンタンには説明できません。そのため、1つの例として「就寝時には自動的にサイレントモードに変更」し「起床時には自動的に通常モードに変更」と言う設定をしてみます。

Smart Connectの起動

Smart ConnectはXperiaの機種やAndroidバージョンによって設定の場所が大きく異なります。今回はXperia Z3 Compact SO-02Gを使用しています。

  1. 設定より『Xperia接続設定』をタップします。

    SO-02G「設定」

  2. Xperia接続設定より『Smart Connect』をタップします。

    SO-02G→設定→Xperia接続設定→Smart Connect

  3. Smart Connectの設定画面が開きます。

    SO-02G→Smart Connect

Smart Connectを起動するやり方は以上です。

Smart Connectの設定

  1. Smart Connectより右上の『+』をタップします。

    SO-02G→Smart Connect

  2. 条件より、周辺機器をトリガーにしたい場合には “アクセサリーの接続または切断” を設定します。今回は時間をトリガーにするので “一定期間内” を『月曜日から金曜日で23時から7時まで』と設定しました。

    SO-02G→Smart Connect→条件

  3. アクションより、『開始アクション』と『終了アクション』を設定します。開始アクションは条件で設定した “23時” にあたるので『サウンドモード→サイレント』を設定し、終了アクションは “7時” にあたるので『サウンドモード→通常』を設定します。

    SO-02G→Smart Connect→アクション

  4. イベントの説明より『イベントの名前』を入力し『完了』をタップします。

    SO-02G→Smart Connect→名前

Smart Connectを設定するやり方は以上です。

これで、寝てる間はサイレントモードに自動で切り替わり、朝起床する時点では通常モードに戻ることになります。この他にも様々な設定ができるので、自分で組み合わせを考えてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事