Xperiaに搭載された『充電方法の最適化』を設定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

2016年07月12日にXperia Z3 SO-01G、Xperia Z3 Compact SO-02G、Xperia A4 SO-04Gのアップデートが行われましたが、追加された機能『充電方法の最適化』は設定からオフにすることもできます。

『充電方法の最適化』とは?

2016年07月12日に行われたアップデートによって追加された機能で、「内蔵電池(バッテリー)の寿命を維持する充電をする」と言うものです。一見すると素敵な機能のように思えますが、副作用として「スマートフォン本体の使用時間が短くなる場合がある」と言うのが挙げられています。

SO-02G→設定→機器の状態→充電方法の最適化

アップデートを実施するとデフォルトでオンになるので、「バッテリーの寿命よりも日々の使用時間の方が大切だ!」と言う場合にはオフにすることもできます。

『充電方法の最適化』の設定手順

注意点として、バッテリーの劣化が進むと「バッテリーが膨張する」などの可能性があります。特に昨今では「背面パネルが浮いてきた」や「タッチ切れ※を起こす」などの報告が多くなっています。今回のアップデートは、それらに対する対応と言われているので、よく考えた上で自己責任にて設定をしてください。

タッチ切れとはタッチパネルの一部が反応しなくなる現象です。因果関係は不明ですが、バッテリーの膨張による圧迫でセンサーに不具合が起きているのでは?と言われています。
  1. 設定より『端末情報』をタップします。

    Android「設定→システム」

  2. 端末情報より『機器の状態』をタップします。

    Android「設定→システム→端末の状態」

  3. 機器の状態より『充電方法の最適化』をタップします。

    SO-02G→設定→機器の状態

  4. 充電方法の最適化より『オン/オフ』を切り替えます。

    SO-02G→設定→機器の状態→充電方法の最適化

『充電方法の最適化』を設定するやり方は以上です。

オンにすることによってどの程度短くなるかは使い方にもよるでしょうから、しばらく使ってみて気にならない様であればオンにしておくことを推奨します。

参考 ドコモのXperia Z3/Compact、A4にバージョンアップ提供!がしかし・・・・

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事