Wi-Fi使用時にモバイルデータ通信をオフにする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電波塔

AndroidではWi-Fi使用時もモバイルデータ通信を併用することが可能です。Android 8.0 Oreoではデフォルトではオンになっているため、これが影響してか「データ通信量が増えた!」と言う声がチラホラ耳にするようになりました。

モバイルデータを常にONにする

Androidでは「モバイルデータを常にONにする」と言う機能が搭載されています。これは本来であれば “Wi-Fi” と “モバイルデータ通信” の切り替えがスムーズに行われるようWi-Fi接続時にモバイルデータ通信を待機させておく機能のようですが、Android 8.0 Oreoでは不具合なのかWi-Fi接続時でもモバイルデータ通信が行われてしまうことがあるようです。

AQUOS sense→設定→システム→開発者向けオプション

これが直接の原因かは定かではありませんが、Android 8.0 Oreoにアップデートしてから「モバイルデータ通信量が増えた」と言う声を耳にするようになったので、気になる場合にはオフにすると良いかもしれません。また、これまで設定をオフにしていてもバージョンアップ(アップデート)時にオンになってしまう場合があるようなので、あらためて確認しておきましょう。

Wi-Fi時にモバイルデータをオフにする手順

  1. 設定より『開発者向けオプション』をタップします。
    参考 『開発者向けオプション』を表示させるor非表示にする方法

    Xperia XZ1 Compact→設定Xperia XZ1 Compact→設定→システム

    Android 7.0 Nougatでは “設定” 配下にありAndroid 8.0 Oreoでは “システム” システム配下にあります。
  2. 開発者向けオプションより『モバイルデータを常にONにする』をオフにします。

    AQUOS sense→設定→システム→開発者向けオプション

    画像はオンの状態です。

Wi-Fi接続時にモバイルデータをオフにするやり方は以上です。

モバイルデータがオフになるとドコモスマートフォンなどでは「ドコモメールが自動受信しなくなる」など、キャリアサービスに弊害が出ることがありますが、スマートフォン本体に “dアカウント” を設定しておくと改善するかもしれません。

参考 ドコモスマホに dアカウント を設定する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事