通信速度が遅い!強制的に3Gで通信する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

MVNO(格安SIM)を利用していると、利用者の多い昼休みなどの時間帯に通信速度が突然遅くなってしまう事があります。この原因が単に輻輳であるならば改善させることができる “かも” しれません。

この記事は公式では無いイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

紹介する方法で必ず改善するわけでは無いので注意してください。

なぜ遅いのか?

理由は様々なので一概には言えませんが、大勢のユーザーが一度に利用するため、通信が混雑する『輻輳』状態であることが大きいでしょう。この輻輳状態は『混雑していない場所に移動する』などの方法で改善できる場合もありますが他にもやり方があります。

昨今のスマートフォンは、そのほとんどがLTE通信をする機種です。電波状況も以前と比べれば良くなってきているので、LTEから3Gに切り替わることも少なくなりました。特にドコモではauやソフトバンクに比べてLTEを提供する時期が早かったのでLTEユーザもその分多いでしょう。

その為、ドコモの通信速度はLTEよりも3Gのほうが速い場合があります。そこで、LTEでの通信を避け3Gで通信を行うようにすれば通信環境を改善できる可能性があります。

本来の通信速度は3Gに比べてLTEの方が早いです。

強制的に3Gで通信する

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンでは、モバイルネットワークをLTE/3Gの一方に固定して使用することができるので、モバイルネットワークを3Gに固定して通信をおこなえば、輻輳(混み合っている)状態のLTEを避けて余裕のある3G通信が可能になります。

この方法は、LTEが開始された当初にエリアが狭く『ほとんど電波を掴めなくてバッテリーの消費が激しくなる』のを防ぐ目的で使われていたことがあり、古くからスマートフォンを使用しているユーザーにとっては目的は違えど結構メジャーな手法です。

ただ、ドコモスマートフォンなどキャリアから販売されている機種では、モバイルネットワークをLTE/3Gのどちらかを固定して使用することができない機種もあるので、その場合には隠しコマンドで裏メニューを表示させるとモバイルネットワークを固定することができます。

LTE←→3Gの切り替え方法は『設定』から行うやり方と『隠しコマンド』から行うやり方の2種類があります。

『設定』から行う手順

Androidのスマートフォンには『優先ネットワーク』と言う設定項目があり、その名の通り優先的に接続するネットワークを設定することができます。

  1. 設定より『その他の設定』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定』

  2. その他の設定より『モバイルネットワーク』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定→モバイルネットワーク』

  3. モバイルネットワーク設定より『優先ネットワークタイプ』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定→モバイルネットワーク→優先ネットワークタイプ』

  4. 優先ネットワークタイプより『LTEのみ』や『3Gのみ』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定→モバイルネットワーク→優先ネットワークタイプ→選択ダイアログ』

設定から『優先ネットワーク』を設定するやり方は以上です。

この方法は、機種によってはできない事が多いです。特に “3Gのみ” は表示されない機種が多いので、その場合には次の方法を用いると良いでしょう。

『隠しコマンド』から行う手順

XperiaをはじめとするAndroidスマートフォンには『隠しコマンド』があり、その隠しコマンドの1つを使用すると“LTE”もしくは“3G”に固定することができます。

  1. ダイヤルアプリより『*#*#4636#*#*』をダイヤルします。
    参考 スマホに登録した連絡先以外に電話をかける方法

    Xperia X Compact→電話アプリ→ダイヤルパッド

  2. “テスト中”と表示されたら『携帯電話情報』をタップします。

    Xperia『テスト中』

  3. すると、見慣れない文字の羅列が表示されます。画面を上にスライドさせると中央あたりに『優先ネットワークを設定』と言うプルダウンメニューがあります。

    Xperia『優先ネットワークの設定』

  4. プルダウンメニューより、『LTE only』もしくは『WCDMA only』をタップします。

    Xperia『WCDMA only』

  5. 選択したモバイルネットワークで接続されます。

隠しコマンドから『優先ネットワーク』を設定するやり方は以上です。

参考 あなたの知らないXperiaの隠しコマンドのまとめ

機種によっては『再起動』または『機内モードをオン→オフ』すると元に戻ります。そのため、永続的に設定することはできない場合があります。

電波状況が悪いとLTEと3Gが行ったり来たりしてしまうことがあり、その度に通信は切断されてしまい途切れ途切れになってしまいます。その為、通信速度の改善だけでなく安定した通信も期待することができます。

また、LTE固定にすることでLTE電波の弱いところ(無いところ)では意図的に圏外の状態を作ることもできるので、アプリの作成などで圏外テストをしたい場合など流用することもできるでしょう。

参考 圏外じゃ無いのにスマホのバッテリーが急激に減るのは何故なのか?