格安SIMやSIMフリースマホで “緊急地震速報” を受信する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
地震

緊急地震速報は、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアだけでなく、格安SIM(MVNO)やSIMフリースマートフォンの利用ユーザーでも受信することができるようになっています。しかし、意外と誤解されていることが多いので、その性質をしっかりと理解しておきましょう。

緊急地震速報とは?

予知や予報ではない

緊急地震速報とは、簡単に言えば「地震発生を可能な限り早く伝える」ことを目指した仕組みであり「地震の発生を “予知” や “予報” する」仕組みではありません。このため、よく話題になる「地震を感じてから緊急地震速報が鳴った(受信した)」と言うのは当然にありえてしまいます。

その仕組みは「地震がP波S波に分かれている」ことを利用しています。P波とは「初期微動(Primary wave)」と呼ばれ大きな地震が来る前に『カタカタ』とする小さな揺れの事で、S波「主要動(Secondary wave)」と呼ばれP波の後に来る大きな揺れの事です。

P波とS波では、P波の方が地面を伝わるのが速いので、この違いを利用して「P波を感知した」時点でを緊急地震速報の発信が行われます。このため、震源地から遠ければ遠いほどP波とS波の間隔(時間)は大きくなり、緊急地震速報を受信してから地震を感じるまでの時間が長くなります。逆に震源地に近ければ近いほどP波とS波の間隔は小さいので、場合によっては「地震を感じてから緊急地震速報が鳴った(受信した)」と言うことがおこります。

鳴らないのはなぜ?

比較的大きな地震が発生したのに「緊急地震速報を受信しなかった」「緊急地震速報が鳴らなかった」と言う場合がありますが、緊急地震速報を発表するのには基準があり「最大震度が5弱以上と予想された」かつ「震度4以上が予想される地域」に発表が行われるとされています(ただし、単純では無いため一概には言えません)。

そのため、条件に当てはまらない地域では「緊急地震速報を受信しない」「緊急地震速報が鳴らない」と言ったことがおこります。ただ、緊急地震速報の対象エリアかどうかは「予想するしかない」ため、結果的に「震度4なのに鳴らなかった」や「震度3なのに鳴った」と言ったことがおきます。そのため、緊急地震速報が「鳴った」「鳴らなかった」に関わらず、情報収集を怠らないようにしましょう。

また、スマートフォンでは様々な条件によって受信できない場合があります。

スマホで受信するには?

緊急地震速報が発表された際に、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアは、自社の回線を通して緊急地震速報を発信します。この警報は無差別に送信されるので、各キャリアから回線を借り受けてサービスを提供している格安SIM(MVNO)の場合でも、同じように受信することができます。

これは「ETWS」と呼ばれ、LTE(4G)通信で定められている標準の規格です。

しかし、受信した警報を「どう処理するか」は機種に依存するので、緊急地震速報(緊急警報)として「音を鳴らす」「画面にメッセージを表示する」かどうかは機種によって異なってしまいます。

iPhoneの場合には以下を参照してください。
参考 iPhoneで “緊急地震速報” を受信する方法

キャリアが販売する機種

NTTドコモなどのキャリアから販売されている機種(ドコモスマートフォンなど)では、販売キャリアと同じ回線(格安SIMも含む)を用いていれば、特に設定の必要も無く自動的に受信します。

実際に格安SIM(OCNモバイルONE)のSIMカードを挿入したドコモスマートフォン(Xperia Z3 Compact SO-02G)で、エリアメール(緊急地震速報)を受信した経験があります。また、ドコモケータイ(ガラケー)と比べても同時に受信し鳴動したので「格安SIMだから遅い」と言うこともありません。

NTTドコモでは、これをエリアメールと呼び、専用のアプリ(災害用キット)を用いて処理しています。
ただし、キャリアや機種によっては事情が異なる場合があるので注意してください。

SIMフリーで販売されている機種

前述したとおり、SIMフリースマートフォンでは機種本体が対応している必要があります。また、対応している機種でもデフォルトではオフになっていることがあるので確認しておきましょう。

例としてZenFone 3 ZE520KLを用いていますが、画面項目や操作は機種によって異なる場合があるので注意してください。
すべて自己責任で行ってください。何がおきても一切の責任は負いません。
  1. 設定の “無線とネットワーク” より『もっと見る』をタップします。
    参考 スマホの “設定” 画面を表示させる方法

    ZE520KL→設定

  2. “もっと見る” より『緊急警報』をタップします。

    ZE520KL→設定→もっと見る

  3. 緊急警報より『緊急アラート』をタップします。

    ZE520KL→設定→もっと見る→緊急警報

  4. 緊急アラートより『緊急警報の設定』をオンにします。

    ZE520KL→設定→もっと見る→緊急警報

    必要に応じて『バイブレーション』を設定します。
  5. 1つ戻り緊急警報より『SMSセルブロードキャスト』をタップします。

    ZE520KL→設定→もっと見る→緊急警報

  6. SMSセルブロードキャストより『エリア情報チャンネル』をチェックします。

    ZE520KL→設定→もっと見る→緊急警報→SMSセルブロードキャスト

SIMフリースマートフォンで緊急地震速報の受信設定をするやり方は以上です。

ただし、SIMフリースマートフォンでは設定したからと言って必ずしも受信できるわけではありません。心配であればキャリアモデルやメーカーが公式に対応を謳っている機種の使用をオススメします。

非対応の機種

NTTドコモの回線を借り受けた格安SIM(MVNO)を使用しているのであれば、専用のアプリをインストールすることで非対応の機種で “エリアメール” を受信できる場合があります。

この記事は一部イレギュラーな内容を含んでいます。したがって、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。
  1. ドコモスマートフォンから “エリアメールアプリ” を取り出します。
    参考 スマホにインストールされているアプリの.apkファイルを抜き出す方法

    /system/priv-app/AreaMail/AreaMail.apk
    
    ファイルのパスは機種やバージョンによって異なる場合があります。
    手元に機種が無い場合にはイメージファイルから取り出す方法もあります。
    参考 7-Zipを使ってFTFの.sinファイルから中身を取り出す方法
  2. 取り出したAreaMail.apkをインストールします。
    参考 Androidアプリのapkファイルを直接インストールする方法

    機種やバージョンによってはできないことがあります。その場合、直接コピーする必要があります(要root化)。
  3. エリアメールはインストールしてもドロワーに表示されないので “災害用キット” をダウンロード&インストールします。
    アプリ 災害用キット – Google Play の Android アプリ

    災害用キットは端末やバージョンによってはダウンロード&インストールすることができません。その場合は同様に災害用キット「/system/priv-app/saigaiban-3a-ver10.0.0/saigaiban-3a-ver10.0.0.apk」を取り出しインストールします。

非対応の機種でエリアメールを受信するやり方は以上です。

昨今では、SIMフリースマートフォンでも緊急地震速報を受信できるものが増えてきたので、無理にインストールせずとも対応したスマートフォンを使用する方が確実でしょう。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!
参考 緊急地震速報を受信すると通知される『緊急省電力モード』とは?
参考 パソコンで『緊急地震速報』を受信する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事