スマホに搭載された “NFC” を使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

iPhoneに搭載されたことで日本でも話題に上るようになった “NFC” ですが、Xperiaシリーズには古くから搭載されています。しかし、このNFCは “おサイフケータイ” と混同されたりと「そもそも何なのか?」を知っている人はそう多くありません。また、デフォルトではオンになっていることが多いですが、不必要な時はオフにすることをオススメします。

NFCって何?

NFCとは「非接触で通信する技術」のISO規格(国際標準規格)を指します。iPhoneで利用できる決済サービス “Apple Pay” や、Androidスマートフォンで利用できる “Android Pay” に使用されていることから「NFC=おサイフケータイ」と理解している人が多いですが、国内で使われているおサイフケータイとは似て非なるものです。

おサイフケータイとの違い

NTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアが提供している “おサイフケータイ” はFelicaと言う技術が使われています。このFelicaは、NFCに準拠しているので「同じもの」と言えなくはないですが、FelicaはNFCの非接触技術に加えてデータ管理やセキュリティ機能を盛り込んだICカード技術の事を指すので「Felica=NFC+データ管理+セキュリティ機能」と言うことになります。

このFelicaの大きな特徴は「通信速度が圧倒的に早い」と言うことであり、それを活かして交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)に採用されたことで日本全国に広まりました。そのため、日本国内では電子決済サービスにFelicaを用いることがスタンダードとなり、おサイフケータイ対応の携帯電話(ガラケー)・スマートフォンにもFelicaが搭載されています。

しかし、Felicaは “日本” と “香港” など海外の一部でしか使用されていないため「ガラパゴスな機能である」と言われています。

このため、日本国内における “Apple Pay” や “Android Pay” にはFelicaが使用されています。

日本のスマホで使えるのか?

日本国内のキャリアから販売されているXperiaシリーズでは “Xperia AX SO-01E” 以降の機種にNFCが搭載されています。しかし、前述したように日本国内では「NFC=おサイフケータイでは無い」ことからNTTドコモを始めauやソフトバンクなどのキャリアから販売されるXperiaシリーズに限り “NFC” と “Felica” の両方が搭載されています(グローバルモデルは “NFC” のみ)。また、NFCが搭載されたスマートフォンには、本体やパッケージに “ロゴマーク” が記載されているのでロゴマークを探してみると良いでしょう。

NFCのロゴ

NFCが搭載された機種では、デフォルトは “オン” になっていることが多いですが、まだまだ頻繁に使うものでは無いでしょうから不要であれば “オフ” にした方が良いでしょう。

ただし、NFCとFelicaの両方が搭載されていると “おサイフケータイ” のロゴマークのみ表示されています。

NFCをオン/オフする手順

  1. 設定より『その他の設定』をタップします。

    SO-02G「設定」

  2. その他の設定より『NFC/おサイフケータイ設定』をタップします。

    SO-02G「設定→その他の設定」

  3. NFC/おサイフケータイ設定より『Reader/Writer,P2P』を切り替えます。

    SO-02G→設定→その他の設定→NFC/おサイフケータイ設定

NFCをオン/オフするやり方は以上です。

また、機種によってはクイック設定パネル(クイック設定ツール)からオン/オフを切り替えられます。

常にオンにしておいてもバッテリーを大量に消費するような機能では無いですが、非接触で通信できる以上は「何かしら読み取ってしまう」ことも考えられるので、未使用の時はできるだけオフにしておく方が良いでしょう。

何に使えるのか?

2016年02月現在では、日本国内でNFCを用いた おサイフケータイ(電子決済サービス) は提供されていません。しかし、NFCは電子決済だけに使われるわけでは無く、NFCを使用したサービス・機能は既に提供されています。

Bluetoothペアリング

わかりやすく馴染みがあり一番恩恵を受けやすいのが「Bluetoothペアリング」でしょう。Bluetooth機器(ヘッドセットなど)をスマートフォンと接続するには「ペアリング」と呼ばれる接続作業が必要になりますが、このペアリングの操作は初心者には難しいので、機器それぞれのNFCを互いに近づけるだけで自動的にペアリングが完了する機能があります(これを「ワンタッチ接続」と呼びます)。

参考 スマホ/タブレットを “マウス” で操作する方法
参考 Xperiaと相性の良いBluetoothヘッドセットはSONY純正がオススメです

スマホの制御

特定の機器に組み込まれたNFCでは無く、NFC単体の “NFCタグ” を用いると、スマートフォンに対して様々な制御を行うことができます。

サンワサプライ NFCタグ(10枚入り) 白 MM-NFCT

参考 NFCタグを使ってスマホを制御する方法

ICリーダー

また、リーダーとしても利用することができるので、交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)を始めとしたICカードの内部データにアクセスし、記録された “残高” や “履歴” などを読み取ることができます。

参考 Suica(PASMO)などの残高や履歴を確認する方法

今後の課題

Appleが提供する “Apple Pay” やGoogleが提供する “Android Pay” は、日本国内では主にFelicaを使うようになっているので、NFCを “おサイフケータイ” として使うことはほとんどありません。しかし、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、Felcaに対応していないスマートフォンを持った外国人が訪日することから、NFCによる決済の環境を早急に整える必要があるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする