スマホアプリを初めて起動した時に表示されるダイアログはなに?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Android 6.0 Marshmallowでは、アプリが必要とする権限の許可に関する仕様が変わっており、これまでダウンロード時に確認していた権限を起動時に行うことになっています。そのため、アプリの初回起動時に権限の可否を設定するダイアログが表示されるようになりました。

アプリの権限ってなに?

スマートフォンアプリがスマートフォン本体の機能やデータを使用する為には、使用者である持ち主が許可するような仕組みになっています。これまでは、Google Playからダウンロードする際やアプリをインストールする際に “使用権限のリスト” が表示されて許可を求められていましたが、Android 6.0 Marshmallowではアプリの起動時に権限を許可するように変更になりました。

権限の可否を選択する手順

権限の可否は、アプリの初回起動時に選択を行います。各権限毎に許可/許可しないを選択することができますが、アプリによっては “許可しない” を選択すると正常に動作しないこともあるので注意が必要です。また、後から変更することもできるので様子を見て変更すると良いでしょう。

アプリの初回起動時

  1. アプリを起動すると『〇〇を許可しますか?』とダイアログが表示されるので、アプリにとって必要か否かを判断し『許可』『許可しない』をタップします。

    Android  6.0 Marshmallow→アプリ→権限

  2. 必要な権限が複数存在する場合には必要な分だけ表示されるので、内容を良く確認し『許可』『許可しない』を選択します。

    Android  6.0 Marshmallow→アプリ→権限

  3. 全ての権限について判断すればアプリが起動します。

初回起動時に権限の可否を選択するやり方は以上です。

後から変更する

  1. 設定より『アプリ』をタップします。

    SO-02G→設定

  2. アプリより『対象のアプリ』をタップします。

    SO-02G→設定→アプリ

  3. 対象のアプリより『許可』をタップします。

    SO-02G→設定→アプリ→詳細

  4. 対象の権限より『権限』のオン/オフを選択します。

    SO-02G→設定→アプリ→詳細

アプリの権限を後から変更するやり方は以上です。

これまでは一括で『許可』『許可しない』を選択するしかありませんでしたが、権限ごとに個別に設定できるのでセキュリティーに強くなったと言えるでしょう。ただ、その反面で煩雑になったともいえるので一長一短なところです。