スマホの “明るさの自動調節” が勝手にオフになるのは何故なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Xperiaを始めとしたスマートフォンには「明るさの自動調節」と呼ばれる機能が搭載されていることがあります。この機能をオンにして使用していると、まれに勝手にオフになる現象が発生したので調べてみました。

問題の症状

Xperia X Compactには明るさの自動調節機能が搭載されており、その便利さからオンに設定して普段は使用しています。この明るさの自動調節機能が、ふと気が付くと「勝手にオフになっている」と言う現象が頻発するようになりました。当初は「明るさを手動で変更するとオフになってしまうのか?」と思いましたが、そんな仕様では無いようで疑問に思っていました。

参考 スマホ画面の “明るさ” を自動で調整する方法

特定のアプリが原因?

全てのアプリで同現象が発生するわけではありません。

長いこと原因不明のまま使用してきましたが、ある時に「バーコードを表示するアプリ(いきなりステーキ公式アプリなど)を起動した」際に明るさの自動調節機能がオフになることに気が付きました。

バーコードを表示するアプリと言うのは “ポイントカード” や “会員カード” のアプリ版で、これらのアプリは画面に表示させたバーコードをレジのスキャナーで読み取りやすくするするために、バーコードの表示中は液晶画面の明るさを最大に変更する仕様になっていることが多いです。

ただし、すべてのアプリで “明るさの自動調節機能” が解除されてしまうわけでは無いようで、使用しているアプリを検証したところ1つは「オフになる」1つは「オンのまま」とアプリによって挙動が異なりました。このため、アプリの実装(作り)によって “明るさの自動調節機能” が解除されてしまう場合があるようです(いきなりステーキ公式アプリなど)。

これがアプリの不具合なのか、それとも機種の不具合なのかは判断が難しいところです。機種の不具合である場合にはメーカーによるアップデートを待つ必要があるので、アプリ側で対処できるのであればそれを望みたいところです。しかし、どちらにしてもアップデートまでにはしばらく時間がかかることが多いので、応急処置としてアプリ側で明るさの調節が行われないように権限を変更することもできます。

アプリ側で明るさ変更させない手順

  1. 設定より『アプリ』をタップします。
    参考 スマホの “設定” 画面を表示させる方法

    Xperia X Compact→設定

  2. アプリより『対象のアプリ』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→アプリ→いきなりステーキ公式アプリ

    今回は『いきなりステーキ公式アプリ』を選択しました。
  3. アプリ情報より『システム設定の書き込み』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→アプリ→いきなりステーキ公式アプリ

  4. システム設定の書き込みより『システム設定の書き込み許可』をオフにします。

    Xperia X Compact→設定→アプリ→いきなりステーキ公式アプリ

アプリ側で明るさ変更させないよう権限を変更するやり方は以上です。

注意点としては、明るさが自動で変更されなくなるので、バーコードなどが「読み取りにくくなる」「読み取れない」と言ったことが発生する可能性があるので注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事