スマホのロングタップ時間を変更する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
操作

Xperiaを始めとしたスマートフォンでは、タッチパネルを指で触れることで “タップ” したり “スワイプ” したりして操作します。これらの操作の中にパッチパネルを長押しする “ロングタップ” がありますが、このロングタップは長押しする時間を変更することができるようになっています。

タップとロングタップ

スマートフォンの画面項目を選択するタップには、軽く触れる “タップ” と触れたままにする “ロングタップ” があります。この2つの操作は、慣れないと混同しがちですが逆に慣れてしまうとロングタップの長さにうっとおしさ感じてしまう難しさがあります。

このため、ロングタップの時間は自分の好みに合わせて変更すると良いでしょう。

ロングタップの時間を変更する手順

  1. 設定より『ユーザー補助』をタップします。
    参考 スマホの “設定” 画面を表示させる方法

    Xperia X Compact→設定

  2. ユーザー補助より『長押し感知までの時間』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→ユーザー補助

  3. 表示されたダイアログより『長押し感知までの時間』を選択します。

    Xperia X Compact→設定→ユーザー補助→長押し感知までの時間

ロングタップの時間を変更するやり方は以上です。

スマートフォンの操作が不慣れな場合には “長め” に設定しておき、慣れてきたら徐々に “普通” から “短め” に遷移すると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事