Wi-Fiが利用できるときのみWi-FiをONにする「エリア連動Wi-Fi」を使う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

昨今はドコモやau、SoftBankでも小容量のプランが登場し月々のデータ通信量を節約する必要がある人も多いと思いますがXperiaには「エリア連動Wi-Fi」と言う機能があり特定のエリアに入ると自動的にWi-FiがONになると言う優れた機能があります。

前提条件

エリア連動Wi-Fiを使用するためには条件があります。

Android 4.4 KitKat以下であること

Android 5.0 LollipopではWi-Fiの消費電力が改善されており「エリア連動Wi-Fi」を使おうと使うまいと消費電力は変わらない様なので「エリア連動Wi-Fi」機能は削除されWi-Fiを常にオンにしておいても問題は無いそうです。
しかし、特定の場所でだけWi-Fiを接続したいなどの理由で「エリア連動Wi-Fi」を使いたいと思っている人は同様の機能をアプリで実現できます。

参考 消えた“エリア連動Wi-Fi” と同等の機能を実現するアプリ「Wi-Fi Matic」

基地局の位置情報を取得できること

エリア連動Wi-FiはGPSでは無く基地局の位置情報を元にWi-FiのON/OFFを決めているようなので基地局の位置情報を取得できることが条件になります。
基地局の位置情報を取得するためには音声またはSMSが使えるSIMを利用していることA-GPSが使えることが条件になりますが、ドコモスマートフォンのA-GPSはSPモード接続でしか取得できないので、うまくいかないようであれば以下の実施も検討してみてください。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

設定方法

  1. Wi-Fiに接続したら設定より 電源管理 をタップします。

    SO-02G→KitKat→設定

  2. 電源管理より エリア連動Wi-Fi をタップします。

    SO-02G→KitKat→設定→電源管理

  3. エリア連動Wi-Fiより エリア連動Wi-Fiオン にします。

    SO-02G→KitKat→設定→電源管理→エリア連動Wi-Fi

  4. 自動的にWi-Fiが登録されます。

    SO-02G→KitKat→設定→電源管理→エリア連動Wi-Fi→オン

以上で設定は完了です。

まとめ

フリースポットなどをスマートフォンに設定していると、不必要なタイミングでWi-Fiに接続してしまうことがあるので「エリア連動Wi-Fi」は非常に優れた機能でしょう。