Androidアプリのapkファイルを直接インストールする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Androidスマートフォンではアプリをインストールするのに、Google Playなどのマーケットだけでなくインターネット上からファイル(.apk)直接ダウンロードしてインストールすることもできます。ただ、インターネット上からダウンロードしたapkファイルをXperiaを始めとしたスマートフォンでインストールする為には事前に設定が必要です。

スマホにアプリをインストールする方法

Google Playからインストール

ほとんどのアプリがGoogle Playからダウンロードされてインストールされます。通常であればこの方法だけで問題はありません。

ネット上からダウンロードしてインストール

アプリの中にはGoogle Playには公開されておらず、インターネット上から直接ファイルをダウンロードして手動でインストールするアプリも存在します(これを “野良アプリ” と呼ぶことがあります)。これらのファイルは拡張子が “.apk” となっており、スマートフォン本体で実行すればインストールを行うことができます。

apkファイルをインストールする手順

スマホ本体でインストール

これらのアプリは、便利なものも多いですが悪意を持ったアプリ(ウィルスやスパイウェア)も少なくないため、デフォルトではインストールできないようになっており、インストールを実行するためには別途の設定が必要になります。

設定

  1. 設定より セキュリティ をタップします。

    SO-02G設定「セキュリティ」

  2. セキュリティより 提供元不明のアプリオン にします。

    SO-02G設定「提供元不明のアプリ」

提供元不明のアプリをインストールする設定は以上です。

インストール実行

インストール実行するためにはファイルを操作するためのアプリが必要になります。今回は例としてXperia Z3 Compact SO-02Gにプリインストール(プレインストール)されている “File Commander” を使いました。

  1. File Commanderより『ダウンロード』を開きます。

    File Commander「ダウンロード」

    インターネット上からダウンロードしたファイルは “ダウンロード” 保存されていることが多いですが、稀にどこか別の場所に保存される事があるので注意してください。
  2. ダウンロードより『対象の.apkファイル』をタップします。

    File Commander「apkファイル」

  3. ダイアログが表示された場合には、任意のアプリを選択します。

    Android「アプリケーションの選択」

    今回は『パッケージインストーラー』を選択しました。
  4. 画面に表示された内容をよく読み問題なければ『インストール』(もしくは『次へ』)をタップします。

    Android「アプリ要求権限の確認」

  5. 以下の画面が表示されれば完了です。

    Android「インストールの完了」

スマホ本体でインストールするやり方は以上です。

apkファイルは削除してしまっても問題はありませんが、再インストールする可能性があれば残しておくことをオススメします。

インストールできない場合は?

『インストールされていません』と表示される

ダウンロードしたapkによっては『インストールされていません』とエラーメッセージが表示されてインストールできない場合があります。この場合にはroot化してシステム領域に直接配置する必要があります。
そのため、root化できないスマートフォンの場合には残念ながらインストールは不可と言うことになってしまいます。

『インストール』ボタンがタップできない

オーバーレイ表示をしていると『インストール』ボタンがタップできない事があります。そのため、オーバーレイ表示を一時無効にしてから操作する必要があります。

通常、ファイルをダウンロードしてインストールするという事はほとんど無いと思いますが、Xperiaなどカスタムが盛んに行われている機種は、どうしてもGoogle Playからインストールすることができないアプリも存在します。将来、この機能がなくなってしまわないことを願いたいものです。

参考 Androidアプリをアンインストールする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事