Androidで使用容量に応じて警告とデータ通信の制限を行う方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

500MB未満のデータ通信に限り無料で使えるソネットの『0SIM (ゼロシム) by So-net』が一般販売されたことによりデータ使用量を気にする人もいるでしょう。Androidでは指定した容量に達した際に警告を表示させたり、モバイルデータ通信を停止させたりすることができます。

すべて自己責任で行ってください。何がおきても一切の責任は負いません。

Androidのデータ使用量を確認する方法

Androidでは設定画面に データ使用 と言う項目があり、データ使用量を確認することができます。

SO-02G「設定→データ利用」

Androidでデータ通信量の警告と制限を行うやり方

Androidには標準でモバイルデータ通信量の容量にに上限値を決め警告と制限を行うことが出来ます。

  1. データ使用よりモバイルデータの上限を設定オンにし、表示範囲を 月初から月末 に設定します。

    SO-02G「設定→データ使用→モバイルデータの上限を設定」

  2. 注意事項が表示されますので内容を確認しOKをタップします。

    SO-02G「設定→データ使用→モバイルデータの上限を設定→注意事項」

  3. 警告値制限値を設定しますが、あまりギリギリにすると超える恐れがあるので余裕を持った値に設定することをオススメします。

    SO-02G「設定→データ使用→モバイルデータの上限を設定→注意事項→警告値と制限値」

Androidでデータ通信量の警告と制限を行うやり方は以上です。

ちなみに、設定した警告値を超えると通知領域に警告が表示されるので、びっくりしないように覚えておくことをオススメします。

参考 月末あたりに表示される『データ使用の警告』ってなに?