スマホにインストールしたAndroidアプリの.apkファイルを抜き出す方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

Xperia GX SO-04DのカスタムROM検証の際に、いちいちWi-FiにつないでGoogle Playでアプリをインストールするのが面倒だと思ったら、adbを使ってGoogle Playからダウンロード&インストールしたアプリをAndroidスマートフォンからパソコンへ抜き出し&パソコンからインストールできることを知ったのでメモっておこうと思います。

前提条件

アプリの抜き出し

ファイルパスを調べる

  1. AndroidスマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続します。

    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m グレー) Galaxy S8 / S8+、MacBook、Xperia XZ対応
    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル

  2. コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力します。
    adb shell pm list packages -f | findstr (パッケージ名)
    

    参考 スマホアプリの “パッケージ名” を確認する方法

    cmd「adb shell pm list packages -f | findstr」

    コマンドプロンプトの起動方法がわからない場合には『Windowsのコマンドプロンプトを起動する方法』を参照してください。

  3. するとインストールされているアプリのファイルパス( “package” から “=” までの「/data/app/jp.naver.line.android-1/base.apk」)が表示されます。

    cmd「adb shell pm list packages -f | findstr → 実行」

ファイルパスを調べるやり方は以上です。

.apkファイルを取得する

ファイルパスが判明すれば、あとはスマートフォン本体からパソコンへ.apkファイルをコピーするだけです。

  1. コマンドプロンプトにコマンドを入力します。
    adb pull(ファイルパス) (保存ファイル名)
    

    cmd「adb pull」

    保存ファイル名は任意で省略可能です。省略した場合には“(ファイルパス)”で指定したファイル名で保存されます。
  2. すると.apkファイルがパソコンへ保存されます。

    cmd「adb pull → 実行」

.apkファイルを取得するやり方は以上です。

コマンドプロンプトから実行できる利点は、バッチファイルを作成して一括で操作することができることです。一度バッチファイルを作成してしまえばパソコンとAndroidスマートフォンを接続しバッチファイルを実行するだけで自動的に複数のアプリを操作できオススメです。

参考 Androidでapkファイルをインストールする方法
参考 Androidアプリをアンインストールする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事