スマホにおいて “機内モード” を活用する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android

『機内モード』その名前から主に飛行機内で使うことを想像しがちですが、使い方次第ではなかなか便利な機能です。特に海外旅行に行く人は、高いお金を払って国際ローミングをしなくてもWi-Fiルーターをレンタルすれば格安でスマートフォンのWi-Fi運用が可能です。

『機内モード』とは?

飛行機内など電波を発してはいけないような場所に持ち込む際に設定するモードです。『機内モード』をONにすると電話、データ通信など電波を発する機能は停止されます。最近はスマートフォンを時計代わりに使う方も多いのでなかなか電源を切りにくいことも多いかと思います。そういった場合は『機内モード』を活用すると良いと思います。

着信したら?

機内モードは電源をオフにしている状態と同じと考えた方が早いです。機内モード中は音声通話もデータ通信も電波が発信されない(受信されない)のでデータのやり取りが行われません。そのため、機内モード中に着信があっても相手に『電源が切られているため~』のアナウンスが流れます。LINEやメールも受信することができません。

Wi-Fiは使える!

『機内モード』をオンにすると電波の発信・受信は行われなくなりますがWi-Fiをオンにすることは可能です。ただし、Wi-Fiがオンの状態で機内モードをオンにするとWi-Fiはオフに切り替わるので、改めてWi-Fiをオンにする必要があります。

Wi-Fiをオンにできるからと言って病院や飛行機内など使用が制限されている場所で使用して良いわけではありません。係員や乗務員などの指示に従ってください。

『機内モード』に設定する方法

機種やバージョンによって『機内モード』への設定方法は異なります。3つのやり方を紹介しますので、いずれかで設定できると思います。

電源ボタンの長押し

電源を切る場合などに行う『電源ボタンの長押し』をすると、メニューが表示され電源を切る以外にも操作できる場合があります。メニューの中に『機内モード』もしくは『飛行機のアイコン』がある場合には、それをタップすれば『機内モード』のオン/オフが可能です。

SO-02G『電源ボタン長押し→機内モード』

通知領域のトグルスイッチで切り替える

『通知領域』とは通知バー(時計や電池、電波のアイコンが並んでいる画面上部の部分)を下方向にフリック(画面を下になぞる操作)すると出現します(機種やバージョンによっては2度フリックする必要があります)。その『通知領域』に『機内モード』のアイコン(飛行機)をタップすると『機内モード』のオン/オフが可能です。

SO-02G『通知領域→機内モード』

『設定』から切り替える

『設定からオン/オフを切り替えることができます。

  1. 設定より『その他の設定』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定』

  2. その他の設定より『機内モード』をタップします。

    SO-02G『設定→その他の設定→機内モード』

  3. 以上で終了です。

機内モードに設定すると電波の発信・受信が行われないのでバッテリーの消費が抑えられます。そのため、SIMカードの刺さっていないスマートフォンを自宅内でWi-Fi専用で使い場合などは機内モードに設定の上でWi-Fiをオンにしておくと無駄な消費を防ぐことができます。

また、海外旅行に行く際、特に設定しなくても自動的に国際ローミングなどで提携先の事業者に接続されてしまう場合があるので、機内モードに設定の上で現地で使用できるWi-Fiルーターを使用すると良いでしょう。

参考 海外旅行に最適!な海外でも使えるレンタルWi-Fiルーター

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事