GoogleがAndroid 6.0を搭載したNexus 5X/6Pを発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Pixel

2015年9月29日にGoogleがAndroid 6.0 Marshmallow(マシュマロ)を搭載した「Nexus 5X」「Nexus 6P」を発表したので、今後のことを考えて押さえておきたいと思います。

2015年新Nexusは2機種

今回、発表されたのは「Nexus 5X」「Nexus 6P」の2機種です。

参考 Androidユーザーなら知っておきたい『Nexusシリーズ』とは?

概要

Nexus 5X

nexus-5x

製造メーカー LG Electronics製
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1080×1920ドット
SoC Snapdragon 808
メモリ 2GB
本体カラー 「カーボン」、「クオーツ」、「アイス」の3色
ストレージ容量 16GB、32GBの2種
価格 5万9300円(16GB)、6万3400円(32GB)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/9/17/18/19/20/26/28
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/9/19

Nexus 6P

nexus-6p

製造メーカー Huawei Electronics製
画面サイズ 5.7インチ
解像度 1440×2560ドット
SoC Snapdragon 810 V2.1
メモリ 3GB
本体カラー アルミニウム」、「グラファイト」、「フロスト」の3色だが、「Nexus 6Pスペシャルエディション」として日本限定で「ゴールド」が追加
ストレージ容量 32GB、64GB、128GBの3種
価格 7万4800円(32GB)、8万800円(64GB)、9万2800円(128GB)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/28
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/9/19

特徴

新しいユーザー認証

新機能として新たに「Android Sensor Hub」と「Nexus Imprint」を搭載しており、“Android Sensor Hub”はジェスチャ認識を“Nexus Imprint”は指紋認証を行うことができるので、この2つを組み合わせてユーザー認証を行う。

USB端子はType-C

Type-CはアップルのMacBookに搭載されたことで話題になりましたが、新NexusのUSB端子がType-Cを採用しています。

参考 『USB Type-C』とは何なのか?

SIMフリー

当然ですが、2機種ともSIMロックフリーとして販売されるので、どのキャリア、MVNOでも利用が可能です(バンドが対応していれば)。

国内キャリアのバンド対応

MVNOでの利用を想定して、国内キャリアとのバンドの比較をしてみましたが、日本限定の「Nexus 6Pスペシャルエディション」を販売するとあって、ほとんど対応しています。

LTE(4G)

band docomo au Nexus 5X Nexus 6P
1(2.1G)
3(1.8G)
8(900M)
11(1.5G)
18(800M)
19(800M)
21(1.5G)
26(800M)
28(700M)

W-CDMA(3G)

band docomo Nexus 5X Nexus 6P
1(2.1G)
6(800M)
8(900M)
9(1.7G)
11(1.5G)
19(800M)

購入方法

購入はGoogleストアから可能です。

  1. Googleストアから購入したい新Nexusの「今すぐ購入」をクリックします。
    google-store-nexus5x

  2. 画面右上に「購入(¥○○○○)」と表示されるのでクリックします。
    google-store-nexus5x-buy

  3. サイドバーが表示され、「色」と「ストレージ容量」を選択し、最後に「カートに追加」をクリックします。
    google-store-nexus5x-buy-select

  4. 欲しい商品をカートに追加し終わったら「購入手続き」をクリックします。
    google-store-nexus5x-buy-cart

  5. 画面に表示される購入手続きを進めれば完了です。

購入特典

月額980円のGoogle Playミュージックが90日間無料になる特典があります。申し込みは2017年4月18日までなので、慌てる必要はないですが、ほしい人は忘れないようにしましょう。

docomoやSoftBank、Y!mobileからも販売される

日本国内ではdocomoがNexus 5X、SoftBankがNexus 6P、Y!mobileがNexus 5Xを販売すると発表しました。

そのため、ケースや保護フィルムなどは家電量販店で購入することができるようになるはずなので心配はなさそうです。

まとめ

Nexusシリーズは常に新しいAndroid OSを使いたい人には必須の機種です。また、MVNOユーザーはXperiaのroot化が今後難しくなってくると思われるので、Nexusシリーズを視野に入れておくのもよいかと思います。
Nexusシリーズは、ブートローダーアンロックが可能なので国内キャリア版のXperiaにはできないカスタムROMなどが導入できるのできっと楽しめると思います。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事