意外と?評判が良い『Snapdragon 625』を調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ZenFone

ASUS Zenfone3シリーズに搭載されるSoC『Snapdragon 625』ですが、意外と評判が良いようなので「どんなもんか?」と調べてみました。

概要

2016年02月に発表されたSnapdragon 600シリーズのモデルで、Snapdragon 617の後継機として登場しました。

Snapdragon 617との比較では、CPUは最大2.0GHzに引き上げられたのにも関わらず、電力効率が35%改善されたとのことでパフォーマンスは向上しています。また、GPUは64bit対応のAdreno 506を搭載しグラフィックス性能が強化されているのも特徴でしょう。

性能

Snapdragon 600番台と言えば、AQUOS PHONEやARROWSなど国産のミドルレンジモデルに搭載されていることが多いので、どうしても力不足なイメージがあるかもしれませんが、Snapdragon 650がXperia X Compactに搭載されるなど、600番台の採用例が多くなってきました。

Snapdragon 625は、Xperia X Compactなどに搭載されているSnapdragon 650と近いナンバーで、ベンチマークではSnapdragon 650が “ミドルハイ(AnTuTu 7万程度)” に位置するのに対して、Snapdragon 625は “ミドル(AnTuTu 5万程度)” に位置しているので、ナンバー通り Snapdragon 625 < Snapdragon 650 と考えて差し支えないでしょう。

ただ、Xperia Z3/Z3 Compactに搭載されている “Snapdragon 801(AnTuTu 3.5万程度)” よりは上なので、このあたりのスマートフォンに「満足できている」もしくは「ちょっと足りない」ぐらいの考えであれば、Snapdragon 625でスペックアップを感じられるでしょう。

「兎にも角にもハイスペックじゃなきゃ嫌だ!」と言う場合や「ゲームをバリバリやりたい!」と言う場合を除けば充分に使っていけるのではないかと思います。

AnTuTuのデータは参考値です。実際には、その他の要因にも左右されるため異なる場合があります。

参考 スマートフォンに搭載されている『SoC』って何?
参考 Xperia Xシリーズへ搭載される『Snapdragon 650』を調べてみた

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事