レーザーAFの副産物?スマホで距離を測定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ZenFone

ZenFone3を始め、Xperia XZやXperia X Compactなどのカメラには “レーザーAF(オートフォーカス)” の機能が搭載されています。このレーザーAFはフォーカス性能を向上させるための機能ですが、これを流用すると2点間距離を測ることができます。

レーザーAFってなに?

レーザーAF(オートフォーカス)とは、撮影対象物にレーザー(赤外線など)を照射することで距離を測定しピントを合わせる技術です。ZenFoneシリーズではZenFone 2 Laserから搭載されている機能ですが、XperiaシリーズではXperia XZやXperia X Compactに搭載されています。

どうやって距離を測定するのか?

原理は簡単で、小学校で習う『距離=速さ×時間』を使います。

スマートフォンから照射されたレーザー光線が、対象物に当たって反射し戻ってくるまでの往復時間を計測し、その時間にレーザーの速度(スピード)をかけ合わせれば往復分の距離が算出できます。あとは、この往復分の距離を半分にするだけで片道の距離(対象物までの距離)が判明します。

距離を測定する手順

ZenFoneシリーズには標準アプリがインストールされていますが、Xperia X Compactには搭載されていないので別途アプリが必要になります。ただし、Google Playなどで探しても見つからなかったので、今回はZenFone3を例とします。

  1. アプリ『Laser Ruler』を起動します。

    ZE520KL→Laser Ruler

  2. 中央に表示されている “円” を目安に、距離を測定したい対象物に対して狙いを定めます。

    ZE520KL→laser ruler

  3. 画面下部に表示されている『定規のアイコン』をタップします。

    ZE520KL→laser ruler

  4. 距離が瞬時に測定されます。

    ZE520KL→laser ruler

距離を測定するやり方は以上です。

ZenFone3の場合、実際に測定できる距離の上限は150cm程度のようです。また、このことからレーザーAFの性能も「150cm未満の距離に位置する対象物に対して有効である」と言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事