ASUS ZenFone 3は輸入版を買った方が安いんじゃないか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ZenFone

2016年09月28日よりASUSより発表されたZenFone 3の日本国内販売ですが、価格が思ったより高かったので輸入版の方がお買い得かもしれません。

この記事は一部イレギュラーな内容を含んでいます。したがって、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

意外と高い国内版

ZenFoneシリーズと言えば、格安スマホ(格安スマートフォン)として有名ですが、日本国内に投入される予定のZenFone 3では最低でも39,800円の価格で販売されます。しかし、海外で販売されているZenFone 3では3万円を切るようなモデルもあるため、日本では少々お高めなイメージがあります。

輸入版のバンドは?

日本に投入される製品の中で、ZenFone 3 ZE520KLとZenFone 3 Deluxe ZS570KLは日本以外の海外でも販売されています。気になるのが対応バンドですが、どちらの製品も日本の周波数帯には対応しているので問題なく電波を掴むようです。

第四世代 – LTE(4G)

ドコモのXiプラスエリア(Band 19)に対応しているので日本国内でも問題なく使用できそうです。
SoftBankはプラチナバンド(Band 8)が使えるので問題なく使用できそうです。
auもメイン展開しているBand18(800M)が対応しているので使用できそうです。

band ドコモ au SB ZE520KL ZS570KL
1(2.1G)
3(1.8G)
8(900M)
11(1.5G)
18(800M)
19(800M)
21(1.5G)
26(800M)
28(700M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

第三世代 – W-CDMA(3G)

ドコモのFOMAプラスエリア(Band 6/Band 19)に対応しているので日本国内でも問題なく使用できそうです。
SoftBankはプラチナバンド(Band 8)が使えるので問題なく使用できそうです。

band ドコモ SB ZE520KL ZS570KL
1(2.1G)
6(800M)
8(900M)
9(1.7G)
11(1.5G)
19(800M)

※SB=SoftBankで△はY!mobileのみ

auは通信方式が違う(CDMA2000)ので掲載していません。

輸入版が安い!

Amazonなどのインターネット通信販売で購入することができる輸入版のZenFone 3ですが、日本国内での販売価格よりも安く購入することができる場合があります。ただし、販売価格は店舗によって異なるため、必ずしも安くなるわけではありません。

SIMフリー ASUS ZenFone 3 ZE520KL 4G LTE [並行輸入品]
Asus
¥ 31,250
ASUS Zenfone3 Deluxe ZS570KL 本体 5.7インチ SIMフリー [並行輸入品]
Asustek
¥ 78,875

日本国内での販売価格に「高いな」と感じた人は、輸入版を検討してみるのも良いかもしれません

参考 ついに『ASUS ZenFone 3』が日本で販売!

スポンサーリンク

シェアする