ついに『ASUS ZenFone 3』が日本で販売!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ZenFone

2016年09月28日14時より開催された “Zenvolution~進化し続けるASUSのZen~” にて、AndroidスマートフォンであるZenFone3シリーズの日本国内販売が発表されました。

概要

2016年5月にComputex Taipei2016にて発表され、2016年7月には台湾で発売が開始されたZenfone3シリーズの日本国内販売が発表されました。販売されるのは『ZenFone 3』『ZenFone 3 Deluxe』です。惜しくも『Zenfone 3 Laser』『ZenFone 3 Max』の発売は発表されませんでしたが、『ZenFone 3 Ultra』に関しては今後予定しているとのことです。

海外で販売されている製品との違いは以下の通りです。

  • 日本語入力にATOKをプリインストール
  • 完全な日本語対応(フォントなど)
  • 日本でのサポート(初期不良、故障対応など)
  • au volte対応
  • 技適マーク

機種ラインナップ

日本国内で販売されるZenfone 3シリーズには2種3製品あります。

ZenFone 3

基本となるスタンダードモデルが、5.2インチ液晶搭載のZE520KLとなっています。

スペック

ZE520KL
OS Android 6.0 Marshmallow
SoC Snapdragon 625
ROM 32GB
RAM 3GB
ディスプレイ 5.2インチ
解像度 1920×1080(フルHD)
カメラ リア:1600万画素
フロント:800万画素
バッテリー 2,650mAh
USB Type-C
指紋認証
デュアルSIM DSDS
au VoLTE

※DSDS=Dual SIM Dual Standby
参考 意外と?評判が良い『Snapdragon 625』を調べてみた

販売経路と価格

日本国内での発売日は2016年10月07日、販売価格は39,800円となっています。購入は家電量販店を始め、IIJmioモバイルサービスなどのMVNO(格安SIM)で行うことができます。

ZenFone 3 Deluxe

ZenFone 3シリーズの中で最もハイスペックなモデルとなっているのが5.5インチ液晶搭載のZS550KLと5.7インチ液晶搭載のZS570KLです。また、2つのサイズはROM/RAMやバッテリー容量が異なり、比較すると5.7インチモデルの方がハイスペックとなっています。

スペック

ZS550KL ZS570KL
OS Android 6.0 Marshmallow
SoC Snapdragon 625 Snapdragon 821
ROM 64GB 256GB
RAM 4GB 6GB
ディスプレイ 5.5インチ 5.7インチ
解像度 1920×1080(フルHD)
カメラ リア:1600万画素
フロント:800万画素
リア:2300万画素
フロント:800万画素
バッテリー 3,000mAh
USB Type-C
指紋認証
デュアルSIM DSDS
QC 3.0
au VoLTE

※DSDS=Dual SIM Dual Standby
※QC=Quick Charge
参考 意外と?評判が良い『Snapdragon 625』を調べてみた
参考 820の後継!Snapdragon 821ってどんなSoC?

販売経路と価格

日本国内での発売日は2016年10月下旬、販売価格は5.5インチモデルが55,800円、5.7インチモデルが89,800円となっています。

これまで格安スマホ(格安スマートフォン)としてのイメージが強かったZenFoneシリーズですが、ハイエンドスマートフォンも登場し今後が期待できるでしょう。

参考 ASUS ZenFone 3は輸入版を買った方が安いんじゃないか?