ソニーモバイル公式のLifelogアプリを試してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

ソニーモバイルが公式に提供している日々の活動を記録するアプリ “Lifelog” を「どんなものか?」と使ってみました。

Lifelogアプリってなに?

Lifelogとは “消費カロリー” や “歩数” を始め “運動時間” や “睡眠時間” など、日常の様々な活動を記録することができるアプリです。ソニーモバイルが公式に提供しているアプリで、運動による活動に加えて “カメラでの撮影枚数” や “音楽を聴いた時間” に “動画を見た時間” や “ゲームをした時間” など、スマートフォンの使用時間を「何に費やしたか?」が細かく分類して記録してくれます。

Lifelogアプリの使いかた

アプリの性質上、事前に “位置情報サービス(GPSなど)” をオンにする必要があります。
参考 スマホの “位置情報” を設定する方法

ダウンロード

Xperiaではデフォルトでプレインストールされていることが多いですが、インストールされていない場合はGoogle Playよりダウンロード&インストールすることができます。
アプリ Lifelog – Google Play の Android アプリ

ログイン

2017年04月30日よりSENアカウントでのログインができなくなるため、Googleアカウントでのログインを推奨します。
  1. アプリを起動したら『チュートリアルを開始』をタップし進めます。

    Xperia X Compact→Lifelog→チュートリアル

    チュートリアルが不要であれば『サインイン』タップしてスキップすることができます。
  2. 表示された画面より『Googleにログイン』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→Googleアカウントでログイン

    過去にSonyアカウントでサインインしたことがある場合には『ここをタップしてください』をタップし、画面の指示に従って進めましょう。
  3. Lifelogのアカウントの選択より『対象のアカウント』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→Googleアカウントでログイン

初期設定

  1. ログインが完了したら “アカウント” を確認し『次へ』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→ログイン完了

  2. 表示された項目『体重』『身長』『生年月日』『性別』を順に入力し最後に『完了』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→体重Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→身長Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→生年月日Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→性別

入力したデータは後から変更することが可能です。

権限の許可

  1. 権限の許可より表示内容を確認し問題が無ければ『OK』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→権限の許可

  2. 表示されたダイアログを確認し問題が無ければ『許可』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→権限の許可Xperia X Compact→Lifelog→初期設定→権限の許可

ダッシュボード

初期設定がすべて完了すると “ダッシュボード” が表示されます。

Xperia X Compact→Lifelog→ダッシュボード

ダッシュボードに表示されているアイコンは、ロングタップ(長押し)することで表示される編集画面(ダッシュボードを管理)にて表示/非表示を切り替えることができます。

Xperia X Compact→Lifelog→ダッシュボードを管理

ダッシュボードを管理にて、それぞれのアイコンをタップする度に表示/非表示が切り替わります。

以上で自動的に記録が行われます。

プロフィール変更

  1. ダッシュボードより『三』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→ダッシュボード

  2. 表示されたサイドメニューより『プロフィール』をタップします。

    Xperia X Compact→Lifelog→サイドメニュー

  3. 表示されたプロフィールより各種項目を変更します。

    Xperia X Compact→Lifelog→プロフィール

アカウント削除

アカウントを削除するには、前述したプロフィールより『Lifelogアカウントを削除』をタップします。

Xperia X Compact→Lifelog→プロフィール

記録データの見かた

Lifelogアプリに記録された日々のデータを閲覧するためには、ダッシュボードの画面下より見たい『データのアイコン』をタップすると、それぞれの詳細画面が表示されます。

Xperia X Compact→Lifelog→ダッシュボードXperia X Compact→Lifelog→記録データ→消費カロリーXperia X Compact→Lifelog→記録データ→体重Xperia X Compact→Lifelog→記録データ→歩数計

記録データの不備

歩数計

記録される歩数に関しては「歩数がきちんとカウントされない」と言う人が多いようですが、プロフィールに “歩幅” の項目があることから、GPSなどの位置情報から計算される移動距離をもとに歩数をカウントしていると思われるので「1歩あるいた」からと言って歩数が「+1される」わけでは無いのでしょう。

Xperia X Compact→Lifelog→プロフィール

ただし、「1歩もカウントされない」という場合にはスマートフォンのセンサー類に故障がある可能性が高いのでチェックをオススメします。

参考 Xperiaに搭載されているセンサーをチェックする方法

睡眠

記録される睡眠時間に関しては「記録されない」「極端に短い」と言う場合がマレにありました。詳細は不明ですが、コツとしては「マイク(スピーカー)部を上に」して「枕元に置いておく」と記録されやすかったので、気になる人は試してみてください。

通知領域の通知を消す

Lifelogアプリを起動させると通知領域に「ログは有効です」と言う通知が常に表示されるようになります。この通知はLifelogアプリを一度起動させたら消すことができなくなってしまうだけでなく、アプリから非表示にする設定も存在しません。そのため、この通知を消すためにはAndroidの機能を使って非表示に設定する必要があります。
参考 常時表示されるアプリ通知を消す方法

Lifelog→通知領域

心拍数を記録する

Xperiaスマートフォン単体でもログの記録は可能ですが、ソニーモバイル純正のスマートウォッチ(SmartBandやSmartWatch)と連携すれば日々の心拍などを記録することも可能なので健康管理に使えます。
参考 Lifelogをフル活用!心拍数を記録できる「SmartBand 2 SWR12」を発売

所感

一番気になるのはアプリを常時稼働させておくバッテリーの消費でしょう。アプリも位置情報サービス(GPSなど)も1週間ほど稼働させっぱなしにしてみましたが、バッテリーの消費も激しくなるわけでは無いので常時稼働させておく分には問題無いように思えます。

初期設定さえ完了させれば後は勝手にログを取ってくれるので、休日にまとめてログを閲覧し一週間の運動量から運動不足かどうかを確認できるでしょう。

参考 Google Fitアプリを使って健康管理をしてみよう
参考 心拍計付き活動量計 “iWOWNfit i6 Pro” を買ってみた!

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事